元祖ラーメン宝 萬両本店 ほぼ以前の「弁慶」のメニューに総入れ替えされていました

京都市伏見区豚骨醤油, 替玉, 宝萬両本店

Place & Number

京都市伏見区

2019年ラーメン81杯目(今年2回目 通算4回目)

この日は昼より城陽での作業。大きな問題も無く終了したので、帰り道でお昼を取ることにしますが、何となくあそこの清湯系ラーメンが食べたいなと思ったので向かってみることにしました。時刻は14時過ぎ。入店してみると先客は無く、後客1名。入口に入ってスグにある券売機を確認すると、「あれ?何か違うぞ」と思うことに。。

 

メニューが完全に変わっていました

券売機を見ると以前提供されていた清湯系ラーメンが全く無い。。黒毛和牛の特製ラーメンもありません。その代わりに記載されているのが、

・Mラーメン
・弁慶ラーメン
・武蔵坊ラーメン
・鬼若ラーメン

の4種類。これって以前の弁慶ラーメンで提供されていたラーメンまんまやん!と思ってしまい、ちょっとビックリ。セットも以前の弁慶とほとんど同じ感じですね。

清湯系ラーメンが食べたいと思っての入店だったので、ちょっと面食らいましたが何となく懐かしい感じもしたので今回は「鬼若ラーメン」を購入。待つこと5分ほどでラーメンの到着です。

 

鬼若ラーメン

以前も好きな方だった「鬼若」。具材はチャーシュー、ネギ、メンマ、味玉半個、焦がしネギとなっており、具材もなかなか多め。

 

チャーシューは薄くカットされたものが3枚

チャーシューは薄くカットされたものが3枚並べられており、スープにしばらく浸しておいた方がより柔らかくなる印象。食べ応えはもうひとつでしょうか。

 

麺はモッチリした食感が特徴、スープは醤油の風味が良い豚骨

麺はモッチリとした食感が特徴的でスープとも馴染んている印象。スープは醤油の風味がしっかりと効いている豚骨であっさりめ。時折来る焦がしネギの風味との相性も良い具合かと。

 

替玉もしてみました

やはり少し足りなかったので後から替玉も追加。麺は最初の麺とは違う印象で、タレがしっかりと絡めてありました。個人的には最初に入っていた麺の方が好みかな。

 

ほぼ以前の「弁慶」のメニューに総入れ替えされていました

今回食べた鬼若ラーメン。醤油の風味が効いたあっさりめの豚骨で焦がしネギの風味も良く、具材も多めの一杯は以前と変わらずかと。しかし今回驚いたのはメニュー構成。こちらが屋号も変えられリニューアルオープンされてから半年ほど経ちましたが、今回ほぼ以前の弁慶ラーメンのメニューに総入れ替えされていました。無かったのは台湾まぜそばと鶏白湯ラーメンくらいかな。

個人的には弁慶ラーメンのメニューがまた食べられるのは嬉しい限りですが、以前提供されていた清湯系のラーメンもひとつくらい(醤油だけでも)残して欲しかったかなあ。。あの太い平打ち麺も割と好きだったんですが。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.4

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区横大路下三栖宮ノ後35-1
電話
営業時間  
定休日 水曜日
Webサイト