麺の大盛、〆飯も無料!醤油ラーメン専門店 陽はまた昇るの「まぜそば」はお得感・満足感あり

2020年1月26日京都市伏見区まぜそば, 陽はまた昇る醤油

Place & Number

京都市伏見区

2020年ラーメン5杯目(今年1回目 通算10回目)

この日は社内での作業。13時も回っていたのでお昼を取りに出ますが、向かったのはこちらのお店でした。店内に入ってみると先客3名ほどで後客は1名。醤油ラーメン専門店になってから大将(社長)が入っておられていましたが、今年からなのか不明ながら以前は蕎麦のお店を切り盛りされていた方に現在は任されている様で大将はおられませんでした。

では店頭の券売機を確認しておきます。

 
一応券売機の画像も撮影してみましたが、特にメニューの変更はありません。この日は数量限定のピリ辛メンマ丼が売り切れとなっていました。過去9回の訪問ですべてのメニューを食べていたので、どれにしようか暫し検討。何となく汁なしが食べたいと思ったので「まぜそば」を選択しました。券を渡して待つこと7分ほどでまぜそばの到着です。

 

まぜそば(大盛)

ラーメンと同じ丼に盛られており、具材はチャーシュー2種(豚と鶏)、ネギ、フライドオニオン、刻み海苔、刻んだタマネギ、卵黄となっています。底にはタレがタップリとあるので、全体が良く混ざるようにしっかりと混ぜ込みます。食べている途中で鼻を突き抜ける豚チャーシューの香ばしい風味が良い具合かと。

 
麺はやや太めでしっかりとした食感も。大盛が無料なのも個人的に非常にありがたい。タレは醤油ベースですが、別に脂もあり麺にネットリと絡むのがタマラナイですね。麺の量は300gくらいはあるように思えます。

 
さらに〆飯も無料です。タレや具材もしっかりと残るのでご飯との絡み具材も良い塩梅。やはりまぜそばこの〆飯を食べて満足感が得られます。

 

麺の大盛、〆ご飯無料

今回食べたまぜそば。醤油ベースのタレに脂感もしっかりと加えられた一杯は麺の大盛も無料!〆飯も無料!とお得感・食べた後の満足感がある一杯かと。ガッツリとお得に食べたい時はまぜそばを選択するのが良いかと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.8

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区深草野田町8-3
電話 不明
営業時間 11:00~14:30 18:00~21:30
定休日 木曜日
Webサイト  


2020年1月26日京都市伏見区まぜそば, 陽はまた昇る醤油

Posted by masa