油そば専門 麺ism - 2019年最初の一杯はニンニクがっつりの油そば

滋賀県草津市油そば, まぜそば, 麺ism

Place & Number

滋賀県草津市

2019年ラーメン1杯目(今年1回目 通算1回目)

本日より2019年の記事となりますので、よろしくお願い致します。

 
この日は元旦。昨年の元旦は大人しくしていたのですが、こちらのお店が元旦からやっていると分かり、近くなので行ってみるかと思い向かってみました。

 

油そば専門 麺ism

昨年の4月にオープンしたお店ですが、当初は夜のみで訪問しづらく、お昼営業を始められてからもそのままズルズルと行けずじまいでした。また場所柄、学生が多く客層も学生がほとんど聞いていたので、オッサンがひとりで行くと浮くだろうな(笑)と考えなかなか足が向かずでした。

しかし、元旦の朝イチなら客も少ないかな?と思い、向かってみることに。11時過ぎでの入店で階段を上がると何やらやっているのか分からない雰囲気でしたが、取り敢えず入ってみると店主さんと思われる方が元気にご挨拶。入ってスグ左手にある券売機でまずはメニューの確認です。

 

メニューはかなり豊富

メニューは豊富で、レギュラーとしては「くんまぜ」、「節まぜ」、「にぼまぜ」、「にんまぜ」、「ラー辛まぜ」、「背脂まぜ」でしょうか。それ以外にも「台湾まぜそば」や「カレー(唐揚げ)まぜ」なども提供されています。

このメニュー構成を見て思い出すのは、以前伏見にあったK’s NOODLE。現在は閉店してありませんが、メニュー構成はほぼ同じかと。下記はK’s NOODLEに訪問した時の記事です。

※K’s NOODLEに訪問した時の記事

 

店内は学食スタイル

店内は学食スタイルになっており、券売機で券を購入した後、厨房前のカウンターまで券を持って行き、かわりに番号札が貰えます。そして恐らく出来上がったら番号を呼ばれるので取りに行き(”恐らく”というのも客が私ひとりだったためか、店主さんが持ってきてくれたので)席に着いて食べる。食べた後は返却口にトレーごと返すという形。

では今回は元旦ですが、何故かニンニクがガッツリ効いたのが食べたいと思ったので、「にんまぜ」を選択。中(250g)でも大(300g)でも価格は同じだったのですが、休みに入ってちょっと飲み過ぎているので抑え気味にしようと(中)を選択。待つこと10分ほどで油そばの到着です。

 

にんまぜ(中)

具材はチャーシュー、ネギ、メンマ、ニンニクとなっており、味玉は店主さんより「玉子食べられますか?」と途中で聞かれ、サービスですと言われ頂きました。(初めて訪問したのに申し訳ない気も)底にタレがたっぷりとあるので、具材はいったん端に退避し、そこから麺とタレが良く絡むように混ぜ込みました。

 

チャーシューは非常に柔らかなものが2枚

チャーシューは非常に柔らかなものが2枚載っており、味付けはそれほど濃く無く個人的に好みのタイプでした。

 

麺は少しカタメの茹で加減ですがモチっとした食感も

麺は太麺で茹で加減は少しカタメの印象。ほんの少しだけ柔らかめの方がモッチリしてタレも良く絡む気がしましたが、実際のところ、この麺の茹で加減を変えるとホントにそうなるのかは分かりません。また250gという麺量は自分にはやはりちょっと少なかったので300gにしておけば良かったかと。にんにくそのものも載っていましたが、タレもにんにく油とのことなので結構効いており、期待通りのにんにく風味でした。

 

綺麗な店内

店内は奥に向かってテーブル席が並んでおり、その前には厨房という形。席はテーブル席しか無く、カウンター席はありません。テーブル席は両端が4人掛けとなっており間には2人掛けが5卓ほどなので、合計で18席ぐらいはあったかと。

 

2019年最初の一杯はニンニクがっつりの油そばで

今回食べたにんまぜ。元旦から何なんですが”ニンニクを接種したい”と思い注文してみた結果、しっかりとニンニクが効いた一杯は満足することが出来ました。麺量に関しては色々選べるので今回は選択ミスだったかもしれません。

価格もリーズナブルな方で店主さんと思われる方の接客も愛想良く、油そばの種類も多くガッツリ食べられるのは良いのですが、カウンター席もあった方がひとりでも訪問しやすいかなあ。また寄ってみようと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.5

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 滋賀県草津市野路東5-25-19 ルーツ2 2F
電話 077-516-2233
営業時間 11:00~14:30 17:00~24:00
定休日 定休日なし
Webサイト