京都市南区で食べられるあっさりめの家系は好みに応じてカスタマイズ出来ます。漫天兄弟の「こってりラーメン」

京都市南区漫天兄弟,家系,豚骨醤油

Place & Number

京都市南区

2020年ラーメン25杯目(今年1回目 通算18回目)

この日はお昼より京都テルサに用事があったので、終了後に久しぶりにこちらのお店へ入ることにしました。前回ここへ来たのは2年近く前。オープン時に結構訪問していたので、少し離れていながらも通算回数は18回目となっています。

時刻は14時前。入店してみると先客は5名ほどで後客はゼロ。では久しぶりなのでメニューを確認してみます。

 
メニューに大きな変更は無さそうですが、メニューの多さも変わらず。この中でも一番気になったのは「みそ」。2年近く前はレギュラーの中に入っておらず別に記載されていましたが、今回見るとレギュラーに。

かなり迷いましたが、2年ぶりに来たのでやはりデフォを選択してしまいました(笑)みそはまた食べてみようと思います。待つごと5分ほどでラーメンの到着です。

 

【広告】

こってりラーメン(大盛)

具材はチャーシュー、ほうれん草、うずらの卵、海苔となっており、家系定番の具材。好みは全部普通にしましたが、ネギは通常"抜き“なので欲しい方は"白ネギ入り“を頼んで下さい。

 
チャーシューは以前と変わっておらず、1枚ながらサイズも大きく食べ応えもあります。チャーシュー麺にするとこれが3枚載っていた記憶がもあり。

 
麺は太く平たい形状をしており、表面は滑らかで長さも短いため、やや掴みにくいところも。大盛にしましたがこの麺も結構好きなんで特盛にすれば良かった。。

スープは豚骨醤油で味の濃さ、油の量も好みに応じて変更可能。デフォでは少しあっさり目になっている印象でしょうか。

 
家系定番のほうれん草とうずらの卵です。個人的にほうれん草は無くても良いくらいですが、でも系統にはやはり無いと寂しいかな。

 

京都で食べられるあっさり目の家系

今回食べたこってりラーメン。”こってり”とは書かれていますが、京都で食べられる「家系」ラーメンとしてはまだあっさり目の印象でしょうか。ただ麺の種類(太麺・細麺)、白ネギ入り(通常は無し)、麺の硬さ(硬め・普通・柔らかめ)、(味の濃さ(濃いめ・普通・うすめ)や油の量(多め・普通・少なめ・無し)と幅広く変更出来るので、自分の好みに応じてカスタマイズ出来ます。

今年の夏でこちらがオープンされて8年経ちますが、結構前から行われているサービス「漫天の日」はまだされている様ですね。以前は200円の割引券でしたが、現在は150円の割引券が貰えるとのこと。毎月10日、20日、30日が漫天の日です。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.6

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市南区東九条西山町25-4
電話075-755-0801
営業時間[月~土]11:30~15:00(L.O.14:45) 
[月~金]17:00~22:00(L.O.21:45)
定休日日曜日
Webサイト