ガツンと煮干が効いた突発限定の一杯。頑固麺の「強ニボ鶏白湯」

京都市伏見区頑固麺,魚介,鶏白湯,チャーシュー丼,煮干

Place & Number

京都市伏見区

2020年ラーメン59杯目(今年3回目 通算78回目)

この日は社内での作業。13時半頃になったので、お昼を取りに出ますが、気になる突発限定をツイートされていたこちらのお店に向かうことにしました。

13時過ぎに到着しますがタイミングが悪く満席で、外で待つことに。10分ほど待っていると着席でき、それから数分ほどでラーメンが到着しました。

 

【広告】

強ニボ鶏白湯

SNSでこの日に突発限定を7食提供されるとありました。しかし到着時間も遅めだったので半分諦めながら聞いてみたら「まだあります」とのことでしたので注文。

具材はチャーシュー、粗く刻まれたタマネギ、海苔、唐辛子などの他に強い存在感を出しているのが「いったん麺」。煮干しの香りもしっかりとしています。

 
チャーシューは大きめサイズのものが2枚。レア過ぎないのが好みで、食感も柔らか。

 
麺は具材に隠れてほとんど見えていませんでしたが、引っ張り出してみると、太く強い縮れの入った非常にインパクトのあるタイプでした。啜るとかなり暴れる?(笑)強い麺でスープの飛び散り注意かと。

スープはインパクトのある麺に圧倒されて画像を撮るのを忘れていましたが、こちらも麺に負けないくらい煮干しがガツンと効いていました。ベースは鶏白湯の様でこちらの鶏豚骨と比べるとあっさりしています。

 
いったん麺です。表面が非常に滑らかで、スープとの相性も良く、これはかなり好み。メインの麺とは違った食感が楽しめますね。

 
久しぶり?に頑固丼も頂きました。オープンされた時より載っている西洋わさびが良いアクセント。

 

突発限定の煮干がガツンと効いた一杯

今回食べた強ニボ鶏白湯。7食限定という突発限定でしたが、遅めの訪問ながら運良く残っていて食べることが出来ましたが、”強ニボ”と言う名前に相応しいくらいガツンと煮干しが効いた一杯でした。これはレギュラー化して頂きたいメニューですね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:4.0

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区深草西浦町6丁目62
電話075-643-7337
営業時間11:00~14:00 18:00〜21:00
2018年10月以降 現在のところお昼のみ営業
定休日月曜日
Webサイト