一番星 ちょっとしたハプニングはあったが、やはりここの雰囲気は好きやなあ

京都市伏見区醤油,チャーシューメン,一番星

Place & Number

京都市伏見区

2020年ラーメン165杯目(今年3回目 通算14回目)

この日は社内での作業。14時近くになったので昼飯を取りに出ることに。昨日も同行した若手のY君と出ることになったのですが、取り敢えず近くのお店は一度は行ってみよういうことで、まだ未訪だと言うこちらへ向かうことにしました。

時刻は14時前で入店してみると先客2名の後客1名。席に着いて、奥さんにチャーシュー麺の味噌は出来るのか聞いてみるとOKだったのでお願いしました。

それから数分でラーメンが到着したのですが、ここでちょっとしたハプニング(笑)

奥さんが自分の前にラーメンを置こうとすると、「あれ?これ味噌じゃないですね。。」とひとこと。大将に確認されていましたが、大将は醤油の方と勘違いされていた様で、上手く伝わっていなかった様子。

大将も奥さんも「すぐに作り直しますんで」と仰るのですが、どうにも目の前に出されたラーメンがもったいない。。。恐らくこのままでは破棄されてしまうと思ったので、そのまま頂くことにしました(笑)

ということで今回はデフォのチャーシュー麺です。

 

【広告】

特製チャーシュ

これだけ載っているチャーシューを破棄する事なんか出来ません(笑)

具材はチャーシュー、ネギ、メンマとなっており、モヤシもあったかな??

そう言えばみそとカレーにはゆで卵が載っていますが、デフォの醤油には載っていないのを思い出しました。

 
チャーシューはかなりたくさん載っており、枚数は数えることはしませんでした。ひとつひとつのサイズはそれほど大きくは無いながらも、食感は非常に柔らかで普通に麺を啜っていると、麺量が並だとチャーシューより先に麺が無くなってしまうくらいの量があります。

 
麺は細めでモッチリした食感ですが、このタイプの麺はやはりカタメ指定した方が良いかな。

スープはあっさりした臭みも感じない醤油で、どこか懐かしい感じもするタイプ。人によっては物足りなさを感じるかもしれません。

 
卓上に置いてあった味変です。これを入れると辛味と酸味が付加されますが、やはりこれもスープには溶けにくいですね。

 
今回食べた特製チャーシュ。オーダーミスというちょっとしたハプニングはありはしましたが、柔らかなチャーシューをタップリと堪能することが出来る、食べ応えのある一杯でした。

最後に会計時に「気持ち程度ですが、50円引かせて下さい」とサービスして頂きましたが、こんな感じの雰囲気が好きで訪問するお店なんで、新型コロナで厳しい状況ですがまだまだ続けて頂きたいですね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.5

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区深草飯食町781-16
電話075-641-6373
営業時間11:30~21:00
定休日木曜日
Webサイト