十数年ぶりに数量限定の『葱ラーメン』を来来亭 野洲本店で食べてみたら。。

滋賀県野洲市醤油,来来亭野洲本店,葱ラーメン

Place & Number

滋賀県野洲市

2021年ラーメン136杯目(今年2回目 通算3回目)

この日は朝イチから近江八幡の現場へ入っていました。朝からだったので14時くらいには終わるだろうと考えていたのですが思わぬところで問題が発生。

当日ではどうにもならない事態だったので、その分の作業は諦めることに。他の部分に関しては問題なかったので16時頃には現場を後に。下道で帰りながら遅い昼飯をここで食べることにしました。
 

来来亭 野洲本店

今年は6月末に一度訪問している、今や巨大チェーン店のひとつとなった来来亭の野洲本店です。時刻は16時半も回った頃だったためか、入店してみると先客は無く、後客もゼロ。

本店で貸し切り状態となって何となく落ち着かないですが(笑)、メニューを眺めていて(訪問時点で本店はタッチパネル式の注文ではありません)頼んでみようと思ったのはこのメニュー。

 
数量限定の欄に記載されている「葱ラーメン」。そう言えばどこの店舗か全く思い出せませんが、十数年前(もしくはもっと前)にこの葱ラーメンを食べた記憶が断片的に蘇ることに。

実はその時はあまり良い印象が無くて十数年も封印して来たかと思うのですが、これだけ経つとまた試してみたくなる様です(笑)ということで、大盛の方が良さそうでしたが、時間も遅い昼飯なんで普通の葱ラーメンを注文。

好みはメンカタだけで残りは普通でお願いしましたが、そう言えばネギオオメとかにしたらどうなったんやろ?とか考えているウチに葱ラーメンが到着しました。
 

葱ラーメン

スライサーか包丁でカットされているのか分かりませんが、長く切られた葱の青い部分が大量に載せられています。上から見ても多いのは分かりますが立体的では無い。。

 
横からの画像だと葱が高く盛られているのが良く分かりますね。これだけの葱が載っているとネギ好きとしてはタマラナイ(笑)

 
スープに少し沈めてみようと思ったのですが、並サイズだとちょっと苦しいので先に麺を食べてスペースを作成。風味とネギのシャキシャキした食感が楽しめ、以前に食べた時に感じた辛味はかなり抑えられているので非常に食べ易い。

 

ネギの他はいつも通り

ネギの他はいつも通りで、チャーシューは赤身と脂身のバランスが良いものが数枚。これも好きなタイプですが、個人的には十条竹田店のチャーシューが好きかな。

 
麺は細く歯切れの良いタイプもいつもと同じ。ただ茹で加減は本店ではバリカタは無いのかな?聞かなかったので分かりませんが、個人的にこの麺はバリカタで食べるのが好み。スープはキリッと醤油の効いた背脂醤油も変わりません。そう言えば自分の定番である背脂多めにしてもらうのを忘れてたわ。。

 
今回は恐らく十数年ぶり(もしくはそれ以上前)に葱ラーメンを食べてみましたが、過去に感じたネギの辛さは抑えられ、ネギの風味と食感が楽しめる一杯となっており、十数年封印していた呪縛から解放された気分(笑)

これはまた食べてみたいなと思えましたが、ラーメンは大盛りにした方が葱の量とのバランスが良いかもしれません。

あれ、そう言えば通常のラーメンに入っている刻みネギはあったかな?ネギが多すぎて記憶に無い。。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.5

※これらの情報は記載時点のものです。

住所滋賀県野洲市妙光寺290
電話077-587-5556
営業時間11:00〜24:00
定休日第3週の水曜日(変更月有り)
Webサイトhttps://www.rairaitei.co.jp/