やっぱり「アカン粉」やわ(笑)こってりが食べやすくなってしもた。天下一品の『赤んこってり(大)3辛』

京都市伏見区こってり,天下一品竹田,赤ん粉

Place & Number

京都市伏見区

2022年ラーメン41杯目(今年2回目 通算25回目)

この日は社内での作業。お昼は1ヶ月ほど前にこってりの特大を食べて、まだまだイケるなと味を占めた(笑)ためか分かりませんが、何故か天一のこってりが妙に食べたい。。ということでいつもの竹田店に向かうことに。

時刻は13時前でしたが、やっぱり混雑しとるなー。ではウェイティングリストに名前を書いて暫し待つことに。しかし5分くらいで案内されました。

ではラーメンはこってりにするとして、そう言えば天一の旨辛スパイス「赤ん粉(アカンこな)」のラーメンは何度か食べたけど、こってりの赤ん粉バージョン「赤んこってり」はまだ食べていないなと思ったのでで注文してみることに。さらにMAXであろう、3辛でお願いしました。
 

赤んこってり(大)3辛

例のアカン粉(赤ん粉)が結構のってますね~。3辛に関してはあっさりで一度食べているので、辛味関しては問題無いはず。具材はいつも通りにシンプルでチャーシュー、ネギ、メンマとなっていますが、これで個人的には完成ではありません。

 
竹田店ではサービスコーナーがあり、ラーメンを頼んだ人は無料で頂くことが出来ます。ネギやもやし、ニラ等が置かれていますが、私はいつもネギと辛ニンニクを取ります。以前はニンニクチップとかもあったのですが、現在は無かったかな?ではこの二つを載せて完成です。

 

刺激的な辛さ

3辛だとこのくらいの量になります。三種類の唐辛子(ハバネロ種、天鷹種、韓国種)、山椒、黒胡椒をブレンドしたという旨辛スパイスで、1辛くらいだと全然大したことないのですが、この量になるとなかなか刺激的な辛味も。香りは胡椒、風味は山椒、辛味は唐辛子がそれぞれ強い印象。

 
チャーシューはそれほど食べ応えが無いのはいつも通り(笑)赤ん粉がガッツリ付いてしまっているので、スープで落としてから頂きました。

 
麺はやや細めでモチっとした食感も。スープは定番のドロドロこってり。大サイズなんで後半は少ししんどくなるかな?と思っていたのですが、辛味の影響か問題無く完食。

 
今回はこってりに赤ん粉をプラスした「赤んこってり」を3辛で食べてみました。もう歳なんで、特大、大サイズのこってりを食べると後半は少しキツくなるんですが、今回はこの赤ん粉3辛の刺激的な辛味のおかげかスープまで完飲(驚)。

別に無理してこってりを食べることも無いかもしれませんが、長年食べて来たこともあるためか、どうしても食べたくなる時が来るんです。。しかも大とか特大で。。

語呂合わせながらこの”アカン”はダメということでは無く、分かるかと思いますがクセになってハマるかもしれんでという意味合いの「アカン」ですね。

しかし、こってりがこんなに食べ易くなってしまうとは、今後、天一にこってりを食べに行く機会が増えるかも。。

やっぱり「アカン粉」やわ(笑)
 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.4

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区竹田久保町20-4
電話075-642-2950
営業時間11:00~翌2:00(金・土・祝前日 翌3:00まで)
【’22/3/23(水)~】11:00~24:00
定休日火曜日
Webサイトhttps://www.tenkaippin.co.jp/
http://otsuka-foods.com/


京都市伏見区こってり,天下一品竹田,赤ん粉

Posted by masa