卵かけご飯にも合うやん、このふりかけ。京都の一味・七味唐辛子専門店 おちゃのこさいさいの『京らー油ふりかけ』

食品おちゃのこさいさい伏見稲荷,ふりかけ,京らー油ふりかけ

Place & Number

購入店:おちゃのこさいさい伏見稲荷店
2022年食品5品目
販売地域:京都市内5店舗および通信販売

この日は一味唐辛子を買いにこちらのお店へ。伏見稲荷近辺の観光客も1年くらい前と比べると増えていますね。それでも外国人観光客が大勢来ていた時期と比べると、かなり少ない。

当時は大社前の道や師団街道に出る道などは、車で通るのが大変だったので寄り付かない様にしていました。しかし今は増えたとはいえ、車でも走り易く20年くらい前の感じと良く似ている気がします。
 

おちゃのこさいさい伏見稲荷店

こちらは株式会社丸やが運営する、一味・七味唐辛子の専門店「おちゃのこさいさい」の伏見稲荷店です。記事記載時点で京都市内にここを含めて5店舗展開されており、他に産寧坂本店、錦店、嵐山店、京都タワーサンド店と京都では定番の観光地に出店されています。

他のお店は未訪なので分かりませんが、ここ伏見稲荷店では店頭で店員のお姉さんが試食を勧めておられるので、初めての方は一度頂くのも良いかと。

私自身がこのお店の存在に気付いたきっかけは、この何ともインパクトのある商品名のコレでした。

舞妓はんひぃ~ひぃ~」シリーズです。”狂辛”と書かれているとおり、ハバネロ唐辛子を使用されており、それに数種類の唐辛子を加えたものがこれ。

市販の唐辛子の10倍の辛さということで、お店のHPにもスコヴィル値が記載されており、市販の唐辛子が4~5万スコヴィルに対して、ハバネロは最大で57万スコヴィルと書かれています。

私は辛いものが好きなんで食べられないくらい辛いというほどでは無く、刺激もある良い辛さを楽しんでいます。画像は詰め替え用ですが、缶タイプもあるので最初に買うのはこれの方が良いかと。特に気に入っているのが大根おろしに入れると簡単にもみじおろしが出来るところかな(笑)

もちろん、一味だけでなく七味もあり、その他にも色々とこのシリーズを販売されているので、気になる方は下記よりお店のサイトを見て下さい。


 

今回の目当てはこれ

では今回の目当ては一味では無く、ご飯が旨くなりそうなふりかけ。胡麻が多めで、九条ネギを素揚げしたものが入っているため、カリッとした食感が所々に出て来て好印象。辛味はあまり感じないくらいですが、ラー油の風味はちゃんとしています。

 
もちろん、そのままご飯にかけて食べても旨い。しかしお店のHPに書かれていた「卵かけご飯」に投入して食べてみるのが非常に気になったので試してみることに。

 

醤油がいらない

このふりかけを使用した卵かけご飯は、ふりかけにしっかりと味があるので、醤油をかける必要がありません。卵を潰してふりかけも一緒にしっかりと混ぜると、卵の風味やふりかけの食感が非常に良い卵かけご飯になりますね。

 
最後に別の日にも試してみた、納豆+ふりかけのバージョンです。納豆の風味が軽減され、食感がプラス。ひきわり納豆の方が良くふりかけが馴染むようです。

 
今回は京都の一味・七味専門店「おちゃのこさいさい」が提供するふりかけ「京らー油ふりかけ」を食べてみました。

卵かけご飯は個人的にシンプルに食べたい派で色々な具材をプラスすることはしたくない。しかしご飯に卵を落として、ふりかけをかけるだけというシンプルさで醤油いらず。しかも旨い。納豆にも合うことが分かったし、これはまた買いに行かないと(笑)

ただ、一味や七味だけでなく出汁やたれ、その他にも色んな商品があるので、ちょっとずつ色々試してみようかと思います。


 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

製品データ

販売者株式会社丸や
品 名京らー油ふりかけ
購入価格(税込)594円
内容量80g
エネルギー・食塩相当量548kcal 食塩相当量8.2g(100g当たり)