アカンと思いつつも抗うことが出来ずに惹かれてしまう丼(笑)かつやの『肉増し ロースカツと豚焼肉の合い盛り丼』

和食かつや新堀川,ロースカツ,合い盛り丼,豚焼肉

Place & Number

京都市伏見区

2019年和食72軒目(今年1回目 通算3回目)

この日は午前より宇治市の現場へ入っていました。大きな問題も無く作業を終えると時刻は13時半過ぎ。帰り道で昼飯を取ることにしますが、この日は火曜日。

キラメキノトリ伏見横大路店で1ヶ月ほど前に清湯の限定を逃してしまったのですが、この時間ではまたダメかな?と思いながら、SNSをチェックするとまだ売り切れの案内はされていない様子。

おっ、ほな向かってみるか~と出発。そしてあと5分くらいで到着するところまで来た時に、もう一度見ておくかな?とチェックすると何と売り切れ終了の投稿が。。。

そのまま北上して新堀の何処かのお店で食べることに(笑)その中で非常に気になりながらも、これをオッサンが食べたらヤバイかな~と思うメニューを提供されていたこちらのお店へ入ることに。

そのメニューとはこれでした。
 
2022年9月16日より期間限定で提供されているのは「ロースカツと豚焼肉の合い盛り丼」。何か凄い組み合わせが丼に載っているなあ。。と思いながらも何故か食べてみたいと惹かれてしまう。。

しかもメニューを見ると、「肉増し」まであるやないか(笑)ということで即決で肉増しにして注文。待つこと7分くらいで到着です。

肉増し ロースカツと豚焼肉の合い盛り丼

丼はそれほど大きなサイズでは無いですが、載っているものの存在感がスゴイ(笑)ロースカツに豚焼肉、そして白ネギとなっており、上から見ても横から見てもインパクトがあります。

 
ロースカツも通常より多くなっており、サクサクのコロモの食感が非常に良く、ソースもタップリとかかった状態。

 
豚焼肉もロースかな?柔らかな食感で、甘辛いタレがタップリとかけられているため、一部はご飯にも浸透(ロースカツのタレも)していました。画像では少し遠くで見にくいですが、肉の下にあるご飯はタレまみれになっているので、かかっていない部分をプラスして頂きます。

 
卓上には割干大根漬が置かれているので、これも投入。これだけ肉々しい丼ではこの漬物が箸休め的存在で非常にありがたい。

 
今回は2022年9月16日より期間限定で提供されている「肉増し ロースカツと豚焼肉の合い盛り丼」を食べてみました。

ロースカツに豚焼肉、そして肉増しと若者ならまだしも、オッサンの私がこんなん食ったらアカンやろ。。と頭の中では理解しているハズなんです。。

しかし何やろ。。頭で分かっているつもりでも、抗うことが出来ず惹かれてしまう敗北感のようなもの(笑)

かつやさんは普通の定食等のトンカツが旨いのはモチロンですが、たまにこんな変なメニュー(失礼ながら)を提供されており、「ベーコンエッグソースカツ丼」とか「大人様ランチ」など、変わったメニューも。まあ、そこが面白いところなんですが。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.3

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区毛利町81
電話075-605-4007
営業時間10:30~24:15(ラストオーダー24:00)
定休日日曜日
Webサイトhttp://www.arclandservice.co.jp/katsuya/