麺屋キラメキ 京都三条 綾部安国寺店 - 30杯限定の担担麵

2020年10月17日京都府綾部市麺屋キラメキ綾部安国寺,担担麵

 
京都府綾部市

2017年ラーメン211杯目(今年1回目 通算1回目)

 
この日は昼より舞鶴の現場へ入ることに。やや時間がかかってそちらが終了したのも15時半頃。この週は昼飯がすべて15時以降になってしまっているなあ。。と思いながらどこで食べようか検討しますが、気になりながらもなかなか訪問出来ていなかったお店に帰る途中で寄ることにしました。

 

麺屋キラメキ 京都三条 綾部安国寺店

キラメキ系の7号店として綾部に2017年8月10日にオープンしたお店です。最近、キラメキ系は店舗を増やされており、つい先日も8号店のキラメキノ屋台をオープンされていたかと。この綾部のお店は以前は「らーめん古丹」だった店舗を居抜きでオープンされた様で、店内もあまり変わっておらず駐車場もたくさん完備。しかも通し営業なのがありがたい。

時刻は16時過ぎ。入店してみると先客ゼロの後客ゼロ。かなり中途半端な時間帯なので仕方がないかもしれません。入ってすぐ右手に券売機があるのでまずはそちらでメニューを確認します。

 

基本は同じ

メニューは鶏白湯の醤油と塩、それから台湾まぜそばの直太朗と基本は同じでしょうか。もうひとつあったのは限定30食と書かれた「濃厚担担麵」。今回は限定もまだある様だったのでこれの大盛のボタンをポチッ。待つこと9分ほどでラーメンの到着です。

 

濃厚担担麵(大盛)

実はこの担担麵、”吟醸らーめん久保田PRESENTS”と書かれており、後でネットで調べてみると久保田とのコラボ商品の様でスープと麺はキラメキ、タレとミンチは久保田が担当して作られたとの情報も。黒い器にミンチ、ネギ、それと刻まれた何かの食材(不明)となっており、スープはドロッとして濃厚そうな印象。

 

トッピング類

ミンチ肉には唐辛子が入っていたかと思いますが、辛味は強くありません。ネギや不明の食材は食感が良い印象。

 

麺はやや太めで強めの食感、スープは鶏白湯ベースか

麺はやや太めで強めのしっかりした食感があり、やはりこちらの系統の麺は私的に好み。大盛にしましたが足りないと思ってしまいました。スープは鶏白湯がベースと思われますが、胡麻の風味がしておりかなりドロッとしたタイプながらクドさは感じず旨味はしっかり。ただ辛味は強くありませんでした。

 

30杯限定の担担麵

今回食べた濃厚担担麵。ドロッとしたスープながらクドさは感じず、胡麻の風味も良く旨味もしっかりと感じられます。ただ辛味はそれほど強く無く、担担麵の風味がしっかり。30杯限定の久保田とのコラボメニューの担担麵はさすがにしっかりとまとめられた一杯だなあと思ってしまいました。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.5)

—————————————————————————
住所   :京都府綾部安国寺店35-6
営業時間 :11:00〜22:00
定休日  :不定休
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。