下鴨茶寮 - 季節のお弁当を頂く

2018年11月25日弁当下鴨茶寮,桂川

Place & Number

京都市左京区

2018年弁当屋2軒目(今年1回目 通算1回目)

今回はいつもとちょっと趣を変えてお弁当ネタです。普段はお弁当を食べるとするとほっかほっか亭などチェーン店などを利用することが多いのですが、たまにはこんなお弁当を食べてみました。

 

amazonでお買い物するならコチラから

下鴨茶寮

左京にある「下鴨茶寮」ですが、創業が安政三年とある老舗。安政三年というと西暦では1856年となり、その前後には黒船来襲安政の大獄などが起こった頃。歴史や格式も高そうで私には縁も無さそうなお店かと(笑)モチロンお店へ伺ったことも無く、今回もお弁当だけの記事となります。

 

桂川

今回のお弁当は「桂川」という名称が付けられたもので、容器はそれほど大きくは無いですが、何やら沢山の料理が詰められています。見た目からも上品さが伝わって来ますね。

 

ご飯は「きのこご飯」

容器の3分の1くらいにはご飯が詰められ、きのこご飯となっていました。薄めの味付けで上品な仕上がりかと。

 

たくさんの料理が詰まっていました

容器の3分の2には料理がたくさん詰まっており、写真上段左から見て行くと水菜ひたし、かに風味酢の物、金平牛蒡。中段には飛龍頭煮、高野豆腐、人参煮、いんげん、椎茸煮、南瓜煮、出し巻玉子。下段には海老、栗甘露煮、ゆばちりめん山椒、にしん昆布巻、合鴨燻製となっています。

どれも上品で薄すぎず濃すぎない味付けで丁寧に作られている様に思えます。野菜を煮たものも美味しかったですが、良いなと思ったのは合鴨燻製。個人的にはそれほど鴨は好きでは無いのですがこれは旨かったかと。

 

季節のお弁当を頂く

今回食べた下鴨茶寮の「桂川」。どれも私には縁遠いくらい上品な味付けで、きのこご飯や栗甘露煮に季節を感じさせるお弁当に思えました。モチロンこれだけではお腹は満足しませんでした(笑)が、何か違う満足感が得られる弁当で、たまにはこういったものを食べるのも良いものですね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.8

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市左京区下鴨宮河町62(店舗住所)
電話075-701-5185(店舗電話番号)
営業時間昼 11:00~15:00(14:00 LO)
夜 17:00~21:00(20:00 LO)(店舗営業時間)
定休日不定休
Webサイト 


2018年11月25日弁当下鴨茶寮,桂川

Posted by masa