麺屋 戎 味変で変化させてみるのも面白い

2019年1月19日京都市伏見区, チャーシュー丼, 替玉, 麺屋戎

Place & Number

京都市伏見区

2019年ラーメン9杯目(今年1回目 通算20回目)

この日は社内にてサンプル用のHPの作成作業をしていました。14時頃になってメドも付いたのでお昼を取りに行くことにしますが、今回はいつものこちらのお店へ入ることに。時刻は14時ちょっと過ぎでの入店で先客は無く後客は1名。前回も同じものを注文しましたが、今回も塩味を注文。もちろん豚飯のセットでお願いしました。待つこと5分ほどでラーメンの到着です。

 

戎特製ラーメン(塩味)

いつもなら味玉をトッピングするのですが今回は無しで。具材もいつも通りと変わらずでチャーシュー2種、ネギ、カットされたレモン、牛蒡、胡麻となっています。

 

やはりこのチャーシューはやめられない

チャーシューは鶏と豚の2種類。鶏も柔らかで旨いのですが、やはり豚の方が非常に好みで辞められません。焦がしてあるのでカリッとした食感と脂の部分の柔らかなトロける様な食感が旨い。

 

麺はプッツリ歯切れの良い細麺、タレの主張の強いスープ

麺はプッツリと歯切れの良い細麺なのは以前から変わらず。スープはタレの方の主張が強い印象で、あっさりしながらもジワーッと来る旨味があります。

 

風味と食感のアクセントになるトッピング

トッピングにはカットされたレモンと牛蒡が載せられています。レモンが風味付けになり、牛蒡が食感のアクセントになっています。

 

サイドはほぼこれしか食べていない

サイドメニューにはこの豚飯と鶏飯がありますが、個人的にはほぼこの豚飯しか食べていないかと。非常に好きなチャーシューが楽しめ、味玉も載っている丼です。

 

替玉時は味変も使用

一杯目は普通にそのまま食べ、替玉した時は目の前に置いてある味変を使用してみるのも良いかもしれません。目の前に置いてあるのは塩だれ、醤油だれ、フライドガーリック、胡椒、一味など。

 

味変で変化させてみるのも面白い

今回食べた戎特製ラーメン(塩味)。最初は普通に食べ、替玉した時に味変を使用してみましたが、フライドガーリックを入れるとニンニクの風味がプラスされパンチが効いた感じになります。また一味の方はピリッとした辛さが付加されこれも良い具合に変化。何度も食べている塩味ですが、味変で変化させてみるのも面白いですね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.8

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区深草綿森町20
電話 075-643-0512
営業時間 11:00~14:30 18:00~21:00
定休日 月曜日・火曜日
Webサイト  


2019年1月19日京都市伏見区, チャーシュー丼, 替玉, 麺屋戎

Posted by masa