頑固麺 1日10食限定のとりとんこつつけ麺に分厚い炙りバラ肉をトッピング

2019年2月16日京都市伏見区つけ麺, 頑固麺, 鶏豚骨

Place & Number

京都市伏見区

2019年ラーメン20杯目(今年2回目 通算62回目)

この日は社内での作業。社員からの対応などをしていると時刻は13時頃になったのでお昼を取りに行くことにしました。向かったのはこちらのツイートをされていたお店。

今月中ごろにもツイートされており、食べに行きたいなあと思っていたところに「炙りバラ肉」の文字に反応し行くことにしました。時刻は13時ちょっと過ぎ。入店してみると席も空いておりスグに着席するとこが出来ましたが、その後お客がどんどん来て外待ちも5,6名は発生していました。

では券売機で確認すると限定のボタンに×印が付いていたのですが、限定ボタンの故障とかで直接口頭で注文する形になっていました。口頭でつけ麺とトッピングの炙りバラ肉チャーシューを注文して待つこと10分ほどでつけ麺の到着です。

 

とりとんこつつけ麺+炙りバラ肉チャーシュー

今月の16日から31日まで提供されている「とりとんこつつけ麺」です。1日10食限定と少しハードルが高い感じですが、この日は13時過ぎでも提供されていました。

 

麺は非常に滑らかな太く平たい形状

麺側にはチャーシュー、ネギ、穂先メンマなどが載せられています。チャーシューは低温調理されたものなのかレア気味で肩ロースかな?食感は柔らかで味は濃くありません。麺は確か券売機には300gと書かれていたかと思いますが、量的にも丁度良く、太く平たい形状をしており口当たりも非常に滑らか。

 

つけ汁は濃厚な鶏豚骨だが香味油の影響かクドさを感じない

つけ汁は濃厚な鶏豚骨でこちらのデフォの鶏豚骨ラーメンと同じく粗くカットされたタマネギも入っています。それから表面には何やら黒い油が浮いていますが、これは「ごぼう油」とのこと。最初は濃厚なつけ汁に牛蒡の油?と思いましたが、牛蒡の泥臭い感じなどは全く無く、香ばしい風味がありこれが載っていると濃厚な鶏豚骨のつけ汁も非常に食べ易くなるように思えました。

 

別トッピングした炙りバラ肉チャーシュー

つけ汁に別トッピングした炙りバラ肉チャーシューが突っ込まれていました(笑)分厚くカットされたチャーシューは厚さ1.5㎝以上はあり、炙られているため香ばしさも。食感も非常に柔らかく食べ応えもあり、やはり私はレアチャーシューよりもこういったチャーシューの方が好みやなあと再認識しました。

 

1日10食限定のとりとんこつつけ麺に分厚い炙りバラ肉をトッピング

今回食べたとりとんこつつけ麺+炙りバラ肉チャーシュー。濃厚なつけ汁はごぼう油の風味により食べ易くなっていながらも濃厚さはしっかりと感じられ、これに口当たりが滑らかな太く平たい形状の麺をくぐらせて食べるのが非常に旨いつけ麺かと。炙られたバラ肉チャーシューも食べ応え十分でした。

こちらのつけ麺は1日10食限定となっているので日によっては早く無くなる時もありそうですが、31日まで提供される予定の様です。しかし最近お二人での営業が多そうなので、つけ麺まで提供されるのも大変じゃないのかなあと思います。。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:4.0

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区深草西浦町6丁目62
電話 075-643-7337
営業時間 11:00~14:00 18:00〜21:00
(2018年10月現在 お昼のみ営業)
定休日 月曜日
Webサイト  


2019年2月16日京都市伏見区つけ麺, 頑固麺, 鶏豚骨

Posted by masa