セアブラノ神 伏見剛力 限定も良いがやっぱり旨い、看板メニューの背脂煮干しそば

京都市伏見区魚介, 卵かけご飯, セアブラノ神伏見剛力

Place & Number

京都市伏見区

2019年ラーメン48杯目(今年4回目 通算31回目)

この日は社内でNASの設定などしていると、お昼も回ったので昼飯を取りに行くことに。最初は頑固麺さんに行こうかと前を通ってみると、外待ち5、6名はあったので諦めることに。次にふと浮かんだのだこちらのお店で、いつも限定ばかり食べているのでたまにはレギュラーでも食べようと向かってみました。

時刻は13時頃。待ちは無かったのですが、ちょうど満席だった様で10分ほど待つと席に案内されましたが、その後も待ちが数名は発生。では今回はこちらの看板メニューでもある「背脂煮干そば」の券を購入し、麺大盛券、卵かけ御飯の券も購入。先に券を渡していたので、席に着いて数分で到着です。

 

背脂煮干そば(大盛)

デフォの背脂煮干を食べたのは2年近く前と、ホントに限定ばかり食べていたんやなあと改めて思いました。具材はチャーシュー、ネギ、タマネギ、メンマ、海苔と以前に食べた時と変わっていません。ただ器は前とは全く違う感じのものに変わっていました。

 

チャーシューはレアから変更

チャーシューは以前のレアから変更になっており、火の通った形のものが2枚。チャーシューの端は赤みがかっており、中華料理店などで見かけた食紅を使ったチャーシューに近い印象。個人的にはレアよりもこちらの方が好みですね。

 

麺は中太か太麺から選択可能、スープは背脂タップリだが意外にスッキリ

後から以前の記事を確認すると麺は中太を選択していましたが、今回も同じ中太を選んでしまいました。モッチリした弾力が感じられる麺で、個人的にこの麺は好み。大盛にして正解でした。スープは背脂がタップリと浮いていますが、クドさは全く感じず、むしろスッキリして飲みやすい印象。

 

サイドメニューの卵かけ御飯

唐揚げと迷いましたが、まだ未食の卵かけ御飯にしました。到着時は「あれ?鰹節ご飯?」と思いましたが、ちゃんとど真ん中に卵がありました。一緒に醤油も渡されるので、それをかけて頂きます。

 

限定も良いがやっぱり旨い、看板メニューの背脂煮干しそば

今回食べた背脂煮干そば。スープにはタップリの背脂が浮いており、こちらの屋号から連想出来る看板メニューはクドさも感じずスッキリと食べられる一杯かと。こちらのお店では毎月限定を出されており、もちろんそちらも楽しみにしていますがやはり看板メニューは安定した旨さやなあと思えました。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:4.0

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区深草柴田屋敷町23-27
電話 075-642-5252
営業時間 11:30~15:00 18:00~22:30
定休日 火曜日
Webサイト