大津石山 麺屋しん 石山駅の近くに7月18日グランドオープンした新店は鶏と豚のスープを楽しめるお店

2019年8月3日滋賀県大津市麺屋しん

Place & Number

滋賀県大津市

2019年ラーメン126杯目(今年1回目 通算1回目)

※新店のためこちらの記事を先に公開致します。予定していた記事に関しては順次公開していきますのでご了承下さい。

この日は昼より滋賀の方へ。現場に入る前にお昼を取ることにしますが、気になっていた新店が石山にオープンしているので向かってみる事にしました。

 

麺屋しん

こちらは2019年7月10日~15日までプレオープンをされており、2019年7月18日にグランドオープンされたお店です。当初は夜営業のみだった様ですが、最近昼営業も始まったとSNSのフォロワーさんの投稿で知ったので向かってみることに。ただこちらのお店は車だとなかなか発見するのが難しいかも。

国道1号線のスグ側にはあるんですが、その国道1号が丁度高架になっている場所で、側道にあるため国道を走っていてもお店の2階部分くらいしか見えません。徒歩なら石山駅から歩いて4分くらいなのでそう遠くはありません。また、コインPは側道沿いにもいくつかありますのでそちらに停めると良いかも。

では入店してみると先客は直前にお一人だけで後客はゼロ。入口スグ右手に券売機が置かれているので券を先に購入しますが、入口左手の窓にメニューが貼られているので、そこで確認してから購入する方が良いかもしれません。

 

メニューは3タイプ6種類

メニューは丸鶏スープ、豚白湯スープ、めちゃ濃い豚白湯スープの3タイプでそれぞれ醤油と塩があるので6種類の提供。サイドにはチャーシュー丼、鮭めんたい丼など。

では今回は丸鶏スープも気になりますが、「豚白湯」と言う、それほど馴染みのない感じが気になったため豚白湯に決定。「めっちゃ濃い」はちょっとしんどそうなので通常にして「」にしました。待つこと7分ほどでラーメンの到着です。

 

豚白湯スープ 塩ラーメン(大盛)

まず目を引くのが大きな長いチャーシュー。丼からはみ出しており、なかなかのインパクトも。それ以外にはネギ、モヤシ、メンマとシンプルかつ定番の構成。

 

しっとりと柔らかな食感のチャーシュー

チャーシューはサイズも大きく、前述通りになかなかインパクトもある形で置かれています。脂身は多めに見えますが、それほど脂っぽく無く、しっとりと柔らかな食感で、味付けも上品な印象。

 

麺は細麺で歯切れの良さアリ。スープは豚ベースで表面には厚い油の層も

麺は細麺でパツッとした歯切れの良さがあり、何も指定していませんがカタメの茹で加減で提供されました。スープは豚ベースで臭みなどは一切無く、スープの表面にはやや厚めに油の層があります。また油の層によるものなのかスープに不可されているのか、それともタレによるものなのか分かりませんが、何か別の風味がしており旨みもしっかりとあり物足りなさは感じません。

 

石山駅の近くに7月18日グランドオープンした新店は鶏と豚のスープを楽しめるお店

今回食べた豚白湯スープ 塩ラーメン。チャーシューが丼からはみ出しなかなかインパクトもあるラーメンですが、スープにはこってり感もありしっかりとした旨みも感じられる一杯かと。石山駅の近くにグランドオープンしたお店は、丸鶏や豚白湯といった鶏と豚の両方を楽しむことが出来ます。

今回は中間の濃さであろう「豚白湯」を選択しましたが、あっさり系の「丸鶏」や「めちゃ濃い豚白湯」も気になるところで、さらに醤油と塩もそれぞれあるため、また訪問して自分の好みを探ってみようと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

今回のお気に入り度:3.5

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 滋賀県大津市粟津町16−3
電話 不明
営業時間 平日 11:30~14:00 17:30~21:00頃
金・土・休前日 11:30~14:00 17:30~23:00頃
定休日 水曜日
Webサイト https://menyashin.shopinfo.jp/


2019年8月3日滋賀県大津市麺屋しん

Posted by masa