実食レビュー。2019年11月、京都市伏見区深草にたこ焼き、お好み焼き、焼きそば、唐揚げのお店、がらくた屋がオープン。

粉もんなどがらくた屋

Place & Number

京都市伏見区

2019年お好み・たこ焼き・焼そば1軒目(今年1回目 通算1回目)

今回は3年以上ぶりに粉もんの記事を書いてみました。と言うのもしょっちゅう通る師団街道沿いに11月18日にオープンすると貼紙をしていた粉もんのお店があったので気にはなっていたのですが、なかなか食べる機会が無く今に至ることに(笑)

しかし先日やっと食べられる機会があったので、実食レビューを記載しておきます。

 

がらくた屋

貼紙には18日オープンと書かれていましたが、その日にオープンしたのかは確認出来ていません。場所は3ヶ月弱で閉店してしまった「ラーメン健龍園」があったところ。

その前は麺屋戎(2017年4月~2019年3月くらい)、ラーメンバンズ(2013年9月?10月?~2017年2月)と屋号は変わっていますが、同じ大将(もっと前は現在、頑固麺が営業されている場所で拉麺昭屋を営業)が両店で5年半くらい営業されていました。

元々は「たつのや」という居酒屋さんが営業されていた当時より外観はそれほど変わっていなかったのですが、今回は改装も入り白基調に大きな窓なども付けられてテイクアウトしやすい形になっていました。

 

粉もん、焼きそば、唐揚げなど

メニューは粉もん中心で、お好み焼きは”Coming Soon”となっており、まだ提供はされていない様です。

・龍馬の唐揚げ 小カップ 300円
・龍馬の唐揚げ 大カップ 500円
・たこ焼き 6個入り    350円
・特製太麺焼きそば    410円
・目玉焼きそば      496円
・お好み焼き       450円(Coming Soon)

今回はこの中から「たこ焼き」と「特製太麺焼きそば」を選択。店頭で暫し待っているとどちらも手渡されました。

 
分かるとは思いますが、左が焼きそばで右がたこ焼き。たこ焼きは出来上がったものが鉄板の上で保温されていたもので、焼きそばは注文が入ってから焼かれていました。

 

たこ焼きは出来立てが良さそう

たこ焼きには青のりや鰹節などはかかっておらず、ソースとマヨネーズのみとなっており、ソースはやや甘め。写真では鰹節などがかかっている様にも見えますが忘れられたかな?(笑)中はトロッとしており、なかなか良い具合ですが外側のカリッとした感じがちょっと足らず。出来立てならかなり印象も違いそうな気がします。

 

確かに太い麺の焼きそば

焼きそばの方は焼きたてで熱々でした。麺は確かに太麺で食べ応えもなかなかあります。具材は豚肉、キャベツ、モヤシなど。ソースはかなりスパイシーで屋台で食べられるソース焼きそばを思い出しますね。

 

師団街道沿いに粉もんのお店がオープン

今回龍大近くの師団街道沿いにオープンした粉もんを提供するお店。今回食べた焼きそばやたこ焼きは屋台などで食べられそうな、何となく懐かしい感じもする味わい。価格もそれほど高く無く、お昼として食べるには物足りないかもしれませんが、ちょっとしたおやつ代わりや小腹が空いた時などには良さそうです。次は唐揚げかお好み焼を食べてみるかな。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.3

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区深草綿森町20
電話  
営業時間  
定休日  
Webサイト  


粉もんなどがらくた屋

Posted by masa