鯛を使用した風味もしっかりの期間限定。麺匠たか松 四条店が提供する「鯛だしらぁ麺」

京都市下京区魚介, たか松四条, 鯛ラーメン

Place & Number

京都市下京区

2020年ラーメン47杯目(今年1回目 通算1回目)

この日は社内の予定でしたが、急遽、下京区でのトラブル対応に同行することに。幸い大したことも無く、14時半頃には解決して終了。近辺でこの時間でも開いているお店ということで、こちらに入ってみることにしました。

 
時刻は14時半も回った頃。入店してみると満席では無いですが、この時間帯でも8割くらいの席は埋まっています。ではまずは高そうなタッチパネル式の券売機でメニューを確認。

 
たか松さんには本店にしか訪問したことが無いですが、ウリはやはりこちらもつけ麺の様です。ラーメンとしては「煮干し香るらぁ麺」があり、また期間限定の「鯛だしらぁ麺」の提供もされていました。

サイドには「鴨の炙り丼」、「鶏の漬け丼」、「京赤玉子のたまごかけご飯」。では今回は一番気になった鯛の券を購入。待つこと5分ほどでラーメンの到着です。

 

鯛だしらぁ麺(大盛)

なかなか色合いも良く、具材としては鶏チャーシュー、白ネギ、カイワレ、柚子、メンマ、味玉、あられ?の様なもの。到着時には魚の香りがしっかりしました。

 
鶏チャーシューは柔らかな食感で良く見かけるタイプ。スープは臭みは感じず(苦手な人にはダメかもしれませんが)、あっさりながらしっかりと旨味もありました。

 
麺は細くプッツリと歯切れの良さがあり、大盛にしてみましたが個人的には丁度良い量でした。つけ麺は特盛までありますが、ラーメンは大盛りまでなのかな?

 
卓上に置かれた味変です。左から黒胡椒、黒七味、あおさ海苔です。あおさ海苔を投入してみましたが、結構風味が強いので、鯛の香りは吹っ飛ぶかも(笑)しかし味変としては良い具合かと。

 

魚の風味がしっかり

今回食べた鯛だしらぁ麺。恐らくですが春の限定ラーメンかと思われ、あっさりしながらも旨味はしっかりと感じられる一杯でした。何となく春らしい感じも受ける期間限定の一杯はいつまでの提供とは書かれていませんが、この春だけの提供になるのかな?またこちらへ寄った時は限定では無く、定番のつけ麺を頂いてみようと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.7

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市下京区東洞院四条下ル元悪王子町39-2
電話075-371-0810
営業時間【平日】10:30~24:00
【日・祝】10:30~23:00
定休日年末年始
Webサイトhttps://mensho.net/index.html