2020年7月よりデフォのラーメンが「背脂中華そば」に変更。セアブラノ神伏見剛力

2020年10月9日京都市伏見区醤油,餃子,中華そば,セアブラノ神伏見剛力

Place & Number

京都市伏見区

2020年ラーメン102杯目(今年7回目 通算43回目)

しかし今週はずっと雨でうっとおしい空模様ばかり。雨の合間をぬって、最初は大河さんで今年も始まったメニューを食べたいと思い向かいましたが外待ちが5,6人発生中。結構時間もかかりそうだったので、もうひとつ行きたかったこちらへ向かうことにしました。

気になっていたのはお店がされていた、このツイート二つ。


ひとつめは7月よりデフォのラーメンが「背脂中華そば」に変更になること。それから7月に入ってからツイートされていた「餃子」を始められること

 
早速券売機を確認すると、「背脂中華そば」や「餃子」のボタンがあることを確認。7月限定の「夏のキーマカレーまぜそば」もあったのですが、今回は初志貫徹で味玉背脂中華そばと餃子の券を購入。待つこと8分ほどでラーメンの到着し、その後スグに餃子も来ました。

 

【広告】

味玉背脂中華そば

具材はチャーシュー、ネギ、メンマ、ナルト、味玉となっており、味玉を入れた方がより色合いが良くなるように思えますね。

 
チャーシューはレアっぽい色をしたものが2枚。食感は柔らかでそれほどレア感も強くないので、これは好きな方のチャーシュー。

 
麺は細めでプッツリと歯切れの良さが強調されたタイプ。スープは醤油系なのですが、何だろう?あっさりながらも強い旨味を感じます。モチロン背脂もしっかりと浮いています。

 
味玉はなかなか良い感じの色合いに貢献していますが、半熟具合はもうちょい柔らかめが好み。味付けはそれほど濃くありません。また途中で卓上に置いてある黒ばら海苔も投入。風味が良くなります。

 

餃子

メニューに新たに追加になった餃子です。やや小ぶりでニンニクの主張はほとんど感じなかったので入っていないのかな?1人前は6個となっています。

 
今回食べた背脂中華そば。7月からこの商品がデフォとされましたが、以前と比べると背脂の主張は控えめに。しかしスープはあっさりながらも旨味がしっかりと感じられ、個人的にかなり好みの一杯でした。

さすがに「今後のセアブラノ神全体の顔になりうる商品になりそう」と言われるくらいですね。これは次来た時も注文してしまうかも。。大盛で(笑)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:4.2

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区深草柴田屋敷町23-27
電話075-642-5252
営業時間11:30~14:30 18:00~22:30
定休日無休(元旦は休み?)
Webサイト