セアブラノ神 - 背脂のインパクト十分!

2017年12月18日京都市中京区セアブラノ神,醤油

 
京都市中京区

2013年ラーメン 177杯目(今年1回目 通算1回目)

 
この日はお昼から急遽トラブルで北区のほうへ。現場に到着して、確認しますが問題は大した事ではなくスグに終了。トラブルも解決したので、帰り道にお昼でも取ろうと色々と思案。まず近くにあった「紫蔵」の様子を見に行くと、外待ち20人くらいいたのでパス。南下して9月初めにオープンした家系が食べられるという、お店前まで行ってみますが、定休日。。。ではまだ比較的新しいお店で、辛い麺が食べられるという、お店に向いますが、近隣のコインPが満車。。。さらに南下して考えていると、このお店をふと思い出しました。

 

セアブラノ神

こちらの営業時間平日の12時から14時の2時間という、かなりハードルが高いお店です。以前の「中野」の時に2度ほど訪問しているため、コインPなどの位置も把握していたので、車をスグに停め、歩いて向いました。時刻は13時50分。まだ間に合いそう。券売機は「調整中」の様子で、そのまま入店します。お店の中はあまり変わっていない感じで、先客4名の後客1名。後客は14時ぐらいの入店でしたが、快く受け入れされてました。カウンター席に座り、メニューを確認。

20130930-01

 

メニュー

ラーメンは潔く1種類。大盛りか小盛りの選択と後はトッピング類。サイドはご飯もしくは焼豚まぜご飯となっています。今回はラーメンは並にしてご飯をお願いしたのですが、ご飯が切れたとのことで、焼豚まぜご飯ならありますとのこと。50円しか変わらないので、それでお願いしました。待つ事、5、6分でラーメンが到着。その後スグに焼豚まぜご飯も出てきました。

20130930-02

 

背脂煮干しそば

大量の背脂に、ザクッと切られたタマネギやネギ。他にはチャーシューやメンマとなっており、インパクトはかなりあります。

20130930-03

 

チャーシュー

赤身のゴロッとした感じのものが2枚とバラのようなものが1枚。赤身のほうは味がしっかりしみており食べ応えもあります。バラのほうは柔らかい食感。

20130930-04

 

麺とスープ

麺は平たい極太麺。縮れも入っており、スープも良く絡みます。食べ応えもしっかりあったので、大盛りにしても良かったかも。スープは醤油ベースだと思いますが、魚介の風味がして、案外スッキリとした印象です。個人的に背脂はあまりくどいとは思いませんでした。

20130930-05

 

焼豚まぜご飯

薬味は山葵かマヨネーズが選択できるようです。ラーメンとは対照的で、味付けはそれほど濃くなく、玉子なども入っており、あっさりと頂けました。

20130930-06

 

黒七味

この黒七味を途中で投入すると味変が楽しめます。食べ進めて、少し飽きてきたところのスープがピリッとし、引き締まった感じを受けました。

20130930-07

 
営業時間などのハードルが高く、なかなか行けなかったコチラ。最初に抱いていた期待どおりのラーメンでした。ただこれだけの背脂の量だと、好き嫌いは別れそうな気がします。でも私は今度訪問したときは大盛でガッツリ頂きたいと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.8)
 

—————————————————————————
住所   :京都市中京区壬生相合町25-4 デイスターアベニュー 1F
電話   :非公開
営業時間 :12:00〜14:00
定休日  :日曜・祝日
Webサイト:http://ameblo.jp/chucknakano/
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。

京都市中京区セアブラノ神,醤油

Posted by masa