新たなメニューを提供中!胡麻の風味とピリッとした辛さが効いた、福門らーめんの「担担麺」

京都市伏見区福門,担々麺,チャーハン

Place & Number

京都市伏見区

2020年ラーメン157杯目(今年10回目 通算92回目)

この日は夕方から京田辺市の現場に入る予定。お昼は近所で取ることにして、1ヶ月に1回くらいのローテーションになっているこちらへ向かうことにしました。

時刻は13時頃。入店してみると先客3名の後客無し。着席すると見慣れないメニューがありました。

 
福門中華料理」と書かれたメニューで、ラーメンでは無く一品ものが記載されています。

以前から一品ものはありましたが、明らかに種類がかなり増えていました。色々と楽しめそうですが、こちらのメニューは「ご注文は夜5時からお願いします」とある様に、昼は注文することが出来ないのが残念。。

 
いつか夜にも来てみたいですが、今回はインスタのフォロワーさんが食べておられた、このメニューを注文することに。

極旨”と書かれた「担担麺」です。

期間限定なのかどうか書かれていませんが、チャーハン定食を頼んでラーメンはこの担担麺に変更して貰いました。

待つこと7分ほどで先にラーメンが来て、その数分後にチャーハンも到着です。

 

【広告】

担担麺

実は担担麺に関しては2年半くらい前にも提供されていたことがあり、その時も食べています。

具材はそぼろ状の肉の他に水菜、ネギ、モヤシなどが載っており、以前の担担麺には味玉が半個ありましたが今回は無くなっていました。

 
そぼろ状の肉は大きめで唐辛子も混ざっているため、ピリッとした辛味の元にもなっています。

 
麺は通常のラーメンと同じ様な感じで、中太くらいでモチっとした食感があり、並だと個人的にやはり少なめに感じます。

スープは胡麻の風味がしており、以前よりも辛味は少し強めに感じました。スープの色も前よりは濃いめに思えます。

 
定食のチャーハンです。量的にはそれほど多くないですが、ややオイリーなここのチャーハンは私的に好きな方。今回のチャーハンは特に熱々で好印象。

 
今回食べた担担麺。胡麻の風味も効いており、以前より少しピリッとした辛味がなかなか良い具合の一杯かと。

良く訪問するお店なので、たまにこういった新たなメニューを提供されているのはありがたいですね。また来月に寄ってみようと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.5

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区深草西浦町4-81 メゾン深草 1F
電話075-642-3358
営業時間11:30~15:00 17:00~23:00
定休日日曜日
Webサイト