野菜ってこんなに旨いんや!と思わせてくれた、本格手打ちうどん 大河の「とり天+4種のめちゃ旨やさいセット」

うどん大河,天ぷら,ひやかけ,うどん

Place & Number

京都市伏見区

2020年うどん9杯目(今年7回目 通算93回目)

この日は朝より中京区の現場で作業を行った後、そのまま会社へ戻ることに。お昼も回ってうどんを食べたいと思ったのでこちらへ向かうことにしました。

 
本日のおすすめ“も気になりますが、右のボードに書かれた"限定15食“に着目。

とり天+4種のめちゃ旨やさいセット」と書かれており、うどんは「ひやかけ」もしくは「かけ」から選択可能。

ひやかけのメニューがあるとつい食べたくなるので、このメニューに即決。もちろんうどんはひやかけでお願いしました。

 

【広告】

とり天+4種のめちゃ旨やさいセット

ひやかけと野菜天の他に漬物が付いています。ちなみにひやかけは大盛でお願いしていますが、大盛りは+100円となります。

 

ひやかけ(大盛)

何度食べても旨いひやかけ。最初は薬味は何も入れずに頂きます。途中でネギを入れて食べますが、生姜は一番最後に入れて出汁まで飲み干すのが自分の食べ方。

キリッと冷えた出汁は旨味もしっかりありながらスッキリしており、やっぱりこの出汁はやめられん(笑)

 
うどんはモチモチした食感で強い弾力があり、個人的にはこのうどんは「冷や」の方が非常に合うように思えます。

やっぱり大盛りでも足らんかった。。

 
4種類の野菜天です。4種類の内容はボードに記載されていました。

・万願寺とうがらし(大原)
・五郎島金時(石川県)
・ひかりれんこん(茨城県)
・南瓜(黒王)(当麻)


万願寺とうがらしはいつも大将が朝に行かれている大原のものと思われます。サイズは小さめですがしっかりした食感で淡い甘み?も感じられます。

五郎島金時は石川県の五郎島・粟ヶ崎地区や内灘砂丘で生産されているそうで、想像よりも甘味は上品でホクホクした食感。

ひかりれんこんは茨城県産でサクッと歯に軽く抵抗が残るくらいの柔らかさで、シャクシャクした感じが楽しめます。

南瓜の黒王は北海道の当麻で生産されたもので、しっかりとした甘みで若干色も濃い印象。

 
漬物も付いていますが、これも旨い。でもご飯が欲しくなるな(笑)

 
今回食べた「とり天+4種のめちゃ旨やさいセット」。

ひやかけはいつも通りにキリッと冷えた出汁が非常に旨く、うどんもやはり冷たい方が好み。とり天の話を書くのを忘れていましたが、スパイシーな風味もありジューシーで柔らかでした。

しかし今回は何と言っても野菜が旨い。改めて”野菜ってこんなに旨いんや”と思いましたが、どの野菜に共通して感じたのは”野菜としての味が濃い”というところ。

もう20数年前にどこだったか忘れましたが小料理屋で「ふきのとう」の天ぷらを食べたことがありました。生で少しかじった時は非常に苦かったのが天ぷらにすると苦みもほとんど無くなり旨かった記憶が蘇ることに。

野菜も天ぷらにすると旨いものがたくさんありそうですね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:4.0

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区深草西浦町7-45-1
電話075-641-4877
営業時間平日:11:30〜14:30(L.O.) 18:00〜20:30(L.O.) 
土日:11:30〜15:00(L.O.) 18:00〜20:30(L.O.)
定休日火曜日・月曜夜
Webサイト