セアブラノ神伏見剛力 2021年6月の限定は燕三条スタイルの「背脂煮干そば」を提供中!

京都市伏見区醤油,唐揚げ,セアブラノ神伏見剛力

Place & Number

京都市伏見区

2021年ラーメン67杯目(今年4回目 通算53回目)

この日より6月になりましたが、今年ももう5ヶ月経過。コロナの終息もまだハッキリとは見えませんが、今年一杯は影響出そうな気もしますね。。

では6月に入ったので、こちらのお店では今月の限定の販売も開始。まずは提供されているのか確認します。

 

2021年6月の限定

2021年6月の限定は「背脂煮干そば」とのことで、燕三条スタイルとも書かれています。

燕三条と言えば、5年前に燕市へ行った時に杭州飯店で食べたラーメンを思い出しますね〜。


券売機では上にある背脂中華そばのボタンでは無く、左下にある「限定 背脂煮干そば」ですのでご注意を。

 

背脂煮干そば

見た目も杭州飯店で食べたものと似ていますが、チャーシューはこちらの方が多め。具材はチャーシュー、メンマ、ネギ、粗くカットしたタマネギ。タマネギの食感がこのスープと非常に合います。

 

懐かしい感じのチャーシュー

チャーシューは柔らかな食感で、どこか懐かしい感じを受けたタイプかと。食べ応えもまずまず。

 

麺とスープも?

麺は太く平たいのは杭州飯店と同じですが、少し波打った感じは強めの印象。またスープにビッシリと脂が浮いているところもそっくりで、煮干しの風味もしっかりと効いています。

 

唐揚げ1個も追加

麺を大盛にしなかったので、唐揚げ1個を追加しました。コロモはカリカリでサイズも大きめ。

 

また食べてみたい

今回の6月限定は燕三条スタイルの「背脂煮干そば」。本場の杭州飯店もそうでしたが、これだけタップリの脂が浮いていながらも、スープはクドさを感じずスッキリと食べられるのが不思議。

これを食べていると、また杭州飯店で食べてみたいなあと思ってしまいましたが、遠くてなかなか難しい。。6月も始まったばかりなので、まだまだ食べられる限定です。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.8

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区深草柴田屋敷町23-27
電話075-642-5252
営業時間11:30~14:30 18:00~22:30
定休日無休(元旦は休み?)
Webサイト