次は仕事抜きで観光をしたい!道の駅 舟屋の里伊根内のレストラン舟屋で「海鮮丼」だけ食べて来ました(笑)

和食道の駅,海鮮丼,舟屋の里伊根,レストラン舟屋

Place & Number

京都府与謝郡伊根町

2021年和食41軒目(今年1回目 通算1回目)

この日は久しぶりに京都府北部での調査作業。伊根町近辺のお客さんですが、ここへ来るのは9年ぶりくらいかな?この辺りもほとんど変わっていないですが、一部細かった道路が広くなっていたくらいでしょうか。

ではそちらでの調査も問題無く終了し、解決方法もある程度固まったので現場を後に。ちょうど昼飯の時間だったので、以前から一度行ってみようと思っていた道の駅へ向かうことにしました。

 

道の駅 舟屋の里伊根

画像の建物はおみやげ屋さんで、他に飲食店が入った建物が左手にあります。飲食店が入った建物の奥へ行くと、舟屋群展望所があり非常に良い景色を見ることが出来ました。

 

NHK連続テレビ小説のロケ地

1993年に放映されていたNHKの連続テレビ小説「ええにょぼ」のロケ地ともなった伊根町。私自身はタイトルくらいしか覚えていないですが、もう28年経つんですね。。

そのええにょぼのタイトル画像を現地で再現しようとしたのか分かりませんが、アクリル板?に文字が書かれたものが設置されていました。折角なので後ろの風景をバックに撮影。改めてNHKのサイトでええにょぼのオープンニングタイトルをみると、イラストで描かれていながらも、下の写真と見比べてみても配置は確かにあっている気がしますね。

ちなみに”ええにょぼ”って丹後弁で「美人」という意味とネット上で見つけましたが、実際にこちら方面の方と20年以上前から会話していますが聞いたことないかなー。聞いていたとしても意味が分からず、忘れているだけかもしれません(笑)

 

展望所より

この展望所は伊根湾の北にあり、場所的にも高度があるので一望できます。

※伊根湾(東側)

※伊根湾中央

※伊根湾(西側)

舟屋は小さくしか見えないですが、もっと近くで見たい方は湾内をクルーズする船も出ている様です。ちなみに舟屋を陸側の道路からみても普通の家です(笑)

 
ではお昼を食べることにしますが、飲食店は3店舗ある様で1Fには「お食事処 油屋」と「ラウンジFUNAYA」。2Fには「レストラン舟屋」があります。

今回は2Fにあるレストラン舟屋に入ってみることにしました。

 

本日のおすすめ

2Fに行く階段にあるおすすめメニューで、その下には通常メニューも。やはり魚を中心としたメニューになるかと思いますが、かつ丼や玉子丼といった普通のメニューも少々あります。

 
鯛めしが旨そうやなあと思っていたのですが、何とこの日は売り切れ。。イカめしも同じく売り切れていました。

中に入ると店員さんに椅子で待ってくださいと言われたので、入口付近の椅子に着席。名前や人数を記入するようなものは無いが取り敢えず待つことに。5,6分すると店員さんが来て、まずは自分で手をアルコール消毒し、そして検温。それから席へ案内され、席にはアクリル板の仕切りも置かれており、コロナ対策はしっかりとされていました。

では今回は「海鮮丼」を注文。待つこと7分くらいで丼の到着です。

 

海鮮丼

メインの海鮮丼の他にはイカ?の和え物、味噌汁、漬物、そして海鮮丼のタレと山葵がセットになっています。

 

色合いも華やかな丼

ネタはサーモン、しめ鯖、甘えび、イクラ、イカまでは分かりやすいのですが、白身の2種類はイマイチ分からず。カンパチっぽいのと、もうひとつはやはり分からず(笑)しかし色合いも華やかで、7週類も楽しめるのは良いですね。

 
今回は道の駅 舟屋の里伊根内にあるレストラン舟屋で海鮮丼を頂きましたが、色合いも華やかで色々楽しめる丼かと。仕事の合間での食事だったので、海鮮丼を食べて少し景色を楽しんだだけで終了となりましたが、出来れば仕事抜きで来て伊根湾のクルージングや周辺の観光も是非してみたい!

。。と心に決め、残念ながらこの日は次の現場の野田川に訪問した後、京都市内へ戻って1日が終了しました(笑)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.3

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都府与謝郡伊根町字亀島459番地
電話0772-32-0680
営業時間10:00~17:00(※季節により変更あり)
定休日火曜日
Webサイトhttps://www.ine-kankou.jp/