ラーメン魁力屋の真っ黒な期間限定『京都漆黒醤油ラーメン』の提供が始まっています!

2021年11月24日京都市山科区醤油,ブラック,限定,魁力屋山科小野

Place & Number

京都市山科区

2021年ラーメン127杯目(今年1回目 通算2回目)

この日は振休で1日休むつもりだったのですが、どうしてもやらなけらばならない仕事が入ったので出社。午前にその仕事をこなした後、他の溜まっていたものも一緒に片付けてしまい、その後ちょっと短いですが休みを取ることに。

滋賀に向いて帰る途中で遅い昼を取ってしまおうと、気になっていたメニューがあったのでこちらへ入ることにしました。向かったのは久しぶりとなる魁力屋山科小野店。

 

11月1日より始まった期間限定

11月1日より始まった期間限定の「京都漆黒醤油ラーメン」です。期間限定メニューですが、2年前に同じメニューをこちらのお店で食べています。

商品名は2年前と同じですが、「月見」という生卵をトッピングできるメニューが記載。では大盛も可能だったので今回はこちらのラーメンを月見で注文してみました。
 

玉子は別皿での提供

玉子は最初から載って来るのかと思ったら別皿での提供。メニューにもそう記載されていましたが、自分のタイミングで入れることが出来るのは良いかもしれません(最初から投入しますが)。では玉子を真ん中に鎮座させて完成です。

 

京都漆黒醤油ラーメン(大盛 月見)

いや~しかし黒い(笑)漆黒」とあるだけにホントに黒い。具材はチャーシュー、ネギ、モヤシ、メンマと定番で、真ん中に置いた玉子が色合いのアクセントになっています。

 

チャーシューの食べ応えは?

チャーシューは画像の様なものが数枚なので食べ応えはもうひとつの印象。

 

漆黒スープは塩辛くない

麺は細めでカタメでお願いしたため、歯切れの良さとややゴワついた感じが旨い。スープは真っ黒で醤油のしょっぱさを警戒しがちですが、全くそんなことも無くむしろ甘味の様なものすら感じます。また黒い粉状のもの(焦がしネギみたいな感じ)は香ばしさもあり、なかなか複雑な味わいとなっていました。

 

玉子を潰すと若干マイルドに

玉子を潰すとスープが若干マイルドになりますが、潰す前もそれほどしょっぱいものでは無いので、玉子の風味が付加される感じでしょうか?今回はそのまま投入しましたが、溶き卵にして投入するのもアリかも。

 
今回は11月1日より期間限定で提供されている「京都漆黒醤油ラーメン」を食べてみましたが、”漆黒”と言うだけあり、かなりのインパクトかと。しかしこの黒さながら塩気は強くなく、むしろ甘味の様なものすら感じ香ばしさもあるので複雑な味わいのある一杯となっていました。

デフォの背脂醤油は通年食べることが出来ますが、この漆黒は2021年は11月、2020年は12月、2019は11月、2018年は11月、2017年は9月とここ数年では開始月として11月が一番多い。期間限定でいつまでとは決まっておらず、無くなり次第終了なので、食べてみたい方はお早めに。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.5

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市山科区小野蚊ケ瀬町60-1
電話075-574-7609
営業時間11:00~24:00
定休日 
Webサイトhttps://www.kairikiya.co.jp/