どうせやったら高いのいっとこ(笑)丹後海鮮処 粋屋で『ぶりしゃぶ定食』を注文。

和食丹後海鮮処杵屋,ぶりしゃぶ

Place & Number

京都府京丹後市

2021年和食66軒目(今年2回目 通算2回目)

 
2022年 あけましておめでとうございます。

当ブログを始めてから前身も含めて11年が経過しました。まだ続けられているのは自分でも不思議なくらい(笑)

始めた当初から2年くらい前まではラーメンばかりを食べており、最高で年間300杯オーバーした時もありました。しかし今年くらいからはラーメン以外のものも食べたい欲もあり、昨年の2021年は149杯と150杯を切ることに(ほぼ150ですが)。一番多かった時の半分になっていますが、まあ、今年もこんな感じでゆるくいっとこうと考えています。

ブログを書くことも毎年、今年で終わるかもと書いてもう7,8年は過ぎましたが、今年も終わる終わる詐欺は続けることになるのかな(笑)

今回は昨年末に訪問したお店の記事になりますのでご了承下さい。

では、12年目の本年もよろしくお願い申し上げます。
 
年始のご挨拶も済ましたところで、昨年の仕事納めの翌日、京丹後市の現場へ朝から入ることになりました。
 

高速が途中まで復活して良かった

現場には9時には到着しないとダメなのですが、数日前からかなりの雪が降り積もっており、京都縦貫道も丹波ICより以北で通行止め。。これはヤバイなあ、丹波から下道だと相当時間がかかる(昔は高速が繋がっていないので、北部へ行くのに3時間コースは当たり前だったが)。。

しかし当日の朝に宮津天橋立ICまで通行出来る様に。朝6時半前に出て、8時前には由良川PAに到着。雪のため停められる部分がかなり限られた状態ですね。その後、現場へは8時45分頃には到着し予定どおりに作業開始。

13時半頃に少し時間も空いたのでお昼を取りに、ここ最近毎週来ているマインの1Fで昼飯を取ることにしました。向かったのは2週間ほど前にも来たこちらのお店。
 

どうせやったら(笑)

この日の出勤は給料も出んし振休の対象ともならんと聞いて憤慨してたんやけど、昼飯は会社の経費でOKということなので、タダ飯食えるわ~(タダほど怖いものは無いが)と、どうせやったら高いのを頼んだれなどと思いながらメニューを確認。しかしさすがに2千数百円を超えるものは気が引けたので(笑)、レギュラーメニューとは別にあった気まぐれメニューから選択することに。

鰻丼も気になるが、やはりここはブリしゃぶ定食かなと言うことで注文。ご飯も大盛でお願いし、待つこと5分ほどで定食の到着です。

 

ブリしゃぶ定食(ご飯大盛)

メインはぶりの刺身と水菜、椎茸、、エノキ、豆腐で、これらにご飯と味噌汁が付いています。それ以外はポン酢とネギや大根の薬味でしょうか。

 

先にキノコ類や豆腐を

面白い形状の器(器というかアルミっぽい)には出汁が貼られており、既に火も点いているのである程度湧いた状態。では火が通りにくそうな椎茸や豆腐、エノキを先に入れ、後から水菜を投入しました。

 

ブリはサッと通して

ブリの刺身は7切れほど。サッと出汁の中を潜らせ、ポン酢を付けて頂きましたが、かなりさっぱりとした味わい。量的にも足らないかなあ。。

 
ご飯と味噌汁です。ご飯を大盛にしなかったら、さらに足りなかったかも(笑)

 
今回は自腹やないし、どうせやったらということで少し高めのブリしゃぶ定食を頼んでみましたが、かなりさっぱりとした味わいで個人的には量も足らず。また出汁にくぐらせるのも悪くないですが、やっぱりブリは刺身で食べるのが好みかなあ。。
 
ということでお店を出てスグにある、こちらの神戸水産でたこやき6個を買ってしまいました(笑)中はトロトロで旨かった。。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.4

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都府京丹後市峰山町新町1606-1
電話0772-62-0312
営業時間10:00~20:00
定休日 
Webサイト 


和食丹後海鮮処杵屋,ぶりしゃぶ

Posted by masa