毎年恒例の冬季限定”牛すき鍋膳”が今年は違う形で食べられる?!吉野家の新商品『牛すき丼』が発売!

2022年11月20日吉野家,和食吉野家24号線竹田久保町,牛すき丼

Place & Number

京都市伏見区

2022年和食81軒目(今年13回目 通算40回目)

この日は社内での作業。先週は結構外出ばかりだったので、社内の仕事が溜まっとる。。(笑)黙々と処理をしていると、気が付いたら時刻は15時でした。

まだ作業も残っていたので、近くでサクッと済ましてしまおうと、今年は良く訪問するこちらへ向かいました。
 

今年も始まった

2022年10月20日より始まったのは「牛すき鍋膳」。2013年以降、冬季限定で販売されている商品で私も過去に何度か食べた事があり、寒い冬の季節には温まる良い商品かと。しかし今年は鍋膳の他に「牛すき丼」も登場。

鍋膳の一部の具材をご飯の上に載せて丼物にした商品の様で、今回はやはりこれを食べてみようと注文。サイズは並盛と大盛しかなかったため大盛でお願いしました。

 

生卵もプラス

鍋膳には玉子は付いていますが、丼には無い様なので別に生卵を注文しました。

牛すき丼(大盛)

具材はメインの牛肉の他に、ネギ、人参、豆腐と鍋膳の一部が載せられています。さすがにうどんとかはちょっと丼には合わないか(笑)

 
牛には柔らかな食感でデフォの牛丼の味付けとは別物。すき焼き風の甘辛い味付けでなかなか濃いですね。丼の底の方にもタレが溜まっていました。

 
野菜類は前述どおりにネギ、人参、豆腐(野菜では無いが)で、ネギは歯応えもしっかりと残った状態。人参は普通かな(笑)

 
ちょっとそのまま食べて、スグに玉子を投入しました。やや濃いめの味付けなんで玉子を入れた方がマイルドになるし、すき焼きの雰囲気も楽しめますね。玉子好きとしては2個くらいがちょうど良い印象でした。

 
2022年10月20日より始まった冬季限定商品の「牛すき鍋膳」。今年は新商品として鍋膳の具材を載せた「牛すき丼」が発売。なかなか濃いめの甘辛い味付けは、いつもの牛丼とは全く違った味わいを楽しめる一杯かと。また生卵は個人的に必須に思え、2個頼んでも良かったかも。

しかし、これからどんどん寒く気温が下がって来ると、やっぱり頼んでしまうのは「牛すき鍋膳」かな?お店でグツグツと煮立ったのをフーフーしながら食べたい(笑)
 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.3

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区竹田久保町68
電話075-646-1267
営業時間24時間営業
定休日無休
Webサイトhttps://www.yoshinoya.com/


吉野家,和食吉野家24号線竹田久保町,牛すき丼

Posted by masa