京都市伏見区

2016年ラーメン230杯目(今年回目 通算回目)

 
この日は社内での作業。台風が近づいているようですが、雨風も強く無くホンマに来るの?ぐらいの状況。お昼も過ぎたので昼食を取りに行くことにしますが、久しぶりにこちらへ行ってみることにしました。

 

玄屋

時刻は13時前。入店してみると先客は2名ほどと結構空いていました。後客も3名ぐらいだったかな?

20161005-01

前回、ここへ来たのは3年半ほど前。かなり久しぶりとなりましたが、店内の様子などはほとんど変わっていない様に思えます。では席に着いてメニューの確認です。

 

メニュー内容は変わっていない

メニューの内容は3年半前と全く変わっておらず、拉麺、叉焼麺、カレーの他にこちらのウリである酒粕、辛味酒粕なども変化なし。サイドもポン酢叉焼や唐揚げの二つのみなのも変わっていません。

20161005-02

ただ、価格は消費増税を挟んでいるためか、すべてのメニューは20円アップ(ご飯のみ10円アップ)しています。過去3回訪問していますが、酒粕→酒粕叉焼→醤油(大)と食べておりそろそろ辛味酒粕かな?とも思ったのですが、3年半ぶりと期間が空いたため久しぶりにデフォが食べたくなったので注文。待つこと3分ほどと早い到着です。

 

酒粕拉麺

見ためは5年以上前に食べたデフォの時と同じように見えます。具材はチャーシュー、ネギ、大根のけん、油揚げとなっており、これも変わっていない印象。

20161005-03

 

まずまずあるチャーシュー量

チャーシューは脂身部分はやや少なめですが触感は柔らかなほうかと。量もまずまずあるので食べ応えも感じられましたが、味付けはそれほど濃くないように思えます。

20161005-04

 

麺はやや柔らかめ、スープは酒粕の風味が良い

麺は中細ぐらいでモチっとした食感がありますが、茹で加減はやや柔らかめ。カタメ指定出来るならしたかったところでしょうか。

20161005-05

スープはこちらの醤油拉麺がベースなのかな?それに酒粕を溶かしたような感じで、酒粕の風味と味がしっかりしており良い印象。冬場なら温まりそうな気がしますね。

 

トッピング類

トッピングには油揚げと大根のけんがあり、これも以前から変更はありません。酒粕の風味には意外にこれらのトッピングは合っているように思えます。

20161005-06

 

風味が良い酒粕拉麺

今回食べた酒粕拉麺。価格は少し高めに思えますが、酒粕の風味が良く温まりそうな一杯でした。ただ麺はカタメ指定出来るならしてみたいとことです(確認していませんが)。

伏見には酒蔵があり酒どころとなっているため観光客が多いですが、近所の人もそこそこ来られている感じなので、観光客+近所の人をしっかり掴んでこの場所で長く営業されているのかもしれません。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

お気に入り度:★★★☆☆(3.4)

——————————————————————————-
住所   :京都府京都市伏見区東組町698 パークテラス桃山1F
電話   :075-602-1492
営業時間 :11:30~19:30(売り切れ次第終了)
定休日  :木曜日
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA