滋賀県東近江市

2017年ラーメン41杯目(今年1回目 通算3回目)

 
この日はお昼より愛荘町方面へ行くことに。そちらでの作業は思った以上に難航し結局解決できず。時間切れになったので現場を後にし、その帰り道で遅いお昼を取ることにしました。

 

東近江塩元帥

20160808-01
(昨年8月の外観画像です)

時刻は15時も回っての出発で下道で戻ろうとしたのが仇となり国道の渋滞にハマッてしまいました。。途中でやはり腹も減ったので、ここなら開いているなと思いでの訪問。15時40分頃での入店で先客2名の後客1名とかなり少なめ。でもゆっくり出来そうです。二人掛けのテーブル席に着席してメニューを確認します。

 

今回はこれを目当てで

こちらのお店や竜王のお店で何度か食べている「塩焼き飯」が食べたいと思ったのでこれを目当てに今回は訪問。ランチタイムのセットが終わっているので焼き飯セットを選択しますが、価格は1150円と高い。。しかしランチよりはチャーハンの量も増えるのでこれで注文し、焼き飯は塩に変更してもらいました。待つこと5分ほどで先にラーメンの到着です。

 

天然塩ラーメン(並)

セットの価格が高いのでいつもする大盛は封印しました。ラーメンはデフォの天然塩ラーメンにしましたが、やはりこれが一番私的には好きかな。具材はチャーシュー、白ネギ、メンマ、菊菜?、糸唐がらし、柚子など。フライドオニオン?のようなものが多数浮いており、これが香ばしさを付加して良い印象。

 

チャーシューは大きめサイズ

チャーシューは大きめサイズのものが1枚。ホロホロと崩れてしまう訳では無く、ある程度食感が残っているので食べ応えもあります。

 

しっかりとした食感の細めの麺、旨味しっかりの塩スープ

麺は細めでやや平たい形状をしており、しっかりとした食感。個人的にこの麺が好きで大盛で食べることが多いですね。スープはいつもの塩。旨味もしっかりと感じ、やっぱり醤油よりも塩の方が良いかな。

 

この日目的の塩焼き飯

この日の目的とした塩焼き飯です。パラッとした感じも良く味付けはそれほど濃く無いですが旨い。チャーシューも具材として入っているのも良いかと。お昼のセットよりも量もあるのでしっかりと食べることが出来ました。

 

他の店舗でも出してほしい塩焼き飯

今回食べた天然塩ラーメンと塩焼き飯。今回は塩焼き飯メインでの訪問でしたが、いつもの塩も安定した旨さで満足。ちょっとセットは高いですが塩焼き飯もそこそこ量もありしっかりと堪能することが出来ました。この塩焼き飯、滋賀県では東近江、竜王、長浜でしか提供されていないのですが(他県でもいくつか提供されています)、滋賀県の他の店舗や京都などでも出して欲しいですね。でもたまにはデフォの焼飯も食べて比較しないとダメかな(笑)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.9)
 

—————————————————————————
住所   :滋賀県東近江市五個荘北町屋269-2
電話   :0748-43-2358
営業時間 :11:00~24:00
定休日  :年中無休
Webサイト:http://shiogensui.com/index.html
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA