ばんらい屋 - 懐かしいチャーシュー丼をガッツリ頂く

2019年5月12日京都市伏見区味噌, チャーシュー丼, ばんらい屋

Place & Number

京都市伏見区

2018年ラーメン81杯目(今年7回目 通算70回目)

この日は急に入った突貫の仕事のため、朝イチからずーっとイラレでの作成作業をしていました。お昼も過ぎキリが良いところで昼食を取りに行くことにしますが、なるべく早く戻り作業を再開しようと思ったので駐車場もあり提供も早いこちらへ入ることに。

時刻は14時も回った頃で先客3名の後客1名。店主さんより今日も醤油大のネギ増しですか?と聞かれましたが、今回はあるものが食べたいと考えていました。という事で注文したのは味噌ラーメン(小)とまかないチャーシュー丼。待つこと4分ほどでの提供といつもながら早いです。

 

味噌ラーメン(小)

ここではほとんど小サイズは食べないのですが、今回はまかないチャーシュー丼も頼んだのでこのサイズでお願い。具材は醤油と同様にチャーシューとネギのみという潔い構成。

 

小でもタップリのチャーシュー

チャーシューは店主さんより赤身の方が良かったかな?と聞かれたのでそうですと答えたので、赤身中心で盛って頂いた様です。小サイズでもチャーシューの量はタップリ。

 

麺はカタメの茹で加減でプッツリ食感、スープはやや濃いめの味噌味

麺はカタメの茹で加減でプッツリした食感は変わらず。しかし小サイズなので麺の量は並よりも少なくなっています。スープは少し渋みの様なものも感じる味噌。ピリッとした辛さもあり、やや濃いめで味噌の風味もしっかりとします。

 

まかないチャーシュー丼(旧バージョン)

今回のメインとしたまかないチャーシュー丼(旧バージョン)です。以前は過去記事を見てもらうと分かりますが、まかないチャーシュー丼として通常のラーメンに使用されるチャーシューが平皿に盛られており、それが2年ほど前に現在の形に変更。

最近は同行する回数が減りましたが、一緒にお昼を取ることがある万里さんが以前のチャーシュー丼が好きで、店主さんに前の形のチャーシュー丼が出来るか聞いてみるとOKを貰って食べていたのを思い出し、私もこの日出来るか聞いてみるとOKだったのでお願いしてみました。

平皿では無く丼に盛られていますが、かなりの肉量(笑)丼も見えないぐらいのチャーシューが載っており、それ以外にはネギ、チャーシューの下にはキャベツもあります。

※以前のまかないチャーシュー丼を食べた時の記事はこちら

 

タップリのチャーシュー

全部赤身では無く適度に脂身も混ぜて頂いており、かなり満足感がある丼でした。

 

懐かしいチャーシュー丼

今回食べたまかないチャーシュー丼(旧バージョン)。店主さんにお願いして今回食べたまかない丼ですが、チャーシューの量もかなりのもので、タップリとチャーシューを堪能することが出来ました。ただこちらの通常メニューでは無いので、いつも提供されるのかどうかは不明。久しぶりにこの形のチャーシュー丼を食べてみて、何となく懐かしい気になってしまいましたが、個人的にはこのタイプのチャーシュー丼の方が好みですね。

味噌ラーメンの方が目立っていませんが、小サイズにしたので何となくこの「まかないチャーシュー丼」のスープ的な存在になってしまった気もします(笑)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:4.0

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区深草西浦町8丁目114-1 武一ビル1F
電話 075-645-5557
営業時間 11:00~14:30 18:00〜22:30
定休日 水曜日
Webサイト http://banraiya-kyoto.com/ 


2019年5月12日京都市伏見区味噌, チャーシュー丼, ばんらい屋

Posted by masa