豚骨らーめん 壱々零参 飲んだ後の〆でも重くない豚骨ラーメンを提供するお店

滋賀県大津市豚骨, 魚介, 壱々零参

Place & Number

滋賀県大津市

2019年ラーメン119杯目(今年1回目 通算1回目)

この日は昼より大津市の現場へ入る予定。その前に以前にフラれたことのあるお店で昼飯を食おうと思い向かってみることにしました。

 

豚骨らーめん 壱々零参

今年の1月にオープンしたこちらのお店。気になりつつもなかなか機会が無く、ようやく訪問することが出来ました。時刻は13時半過ぎ。入店してみると先客3名の後客1名。照明は暗めでカウンター席が8席くらいはあったかな?2階もある様ですが未確認です。ではメニューを確認します。

 

ラーメンは3種類、セットもなかなか揃ってます

ラーメンは「豚骨らーめん」、「貝だし豚骨」、「あっさり豚中華そば」。オープン後、色々なラーメンや限定なども提供されていた様ですが現在はこの3種類。さらに限定としては「魚介塩豚骨つけ麺」を提供されています。

セットの方もなかなか揃っており、唐揚げやチャーシューご飯、やまかけササミご飯、高菜ご飯、玉子かけご飯等々。今回は豚骨の価格がやや高めだったので、セットは封印して単品で注文することに。基本の豚骨と迷いましたが、少し変化球の貝だし豚骨を注文。待つこと4分ほどで到着と早い提供でした。

 

貝だし豚骨

具材はチャーシュー2種類、ネギ、メンマ、小松菜となっており、臭みなどは食べる前も全く感じません。

 

チャーシューは2種類

チャーシューは肩ロースっぽいのが2枚くらいとバラが1枚の2種類載っています。どちらも味付けは濃く無く、肉本来の風味の方が強い印象。かなりあっさりめの味付けに感じます。これは一緒に載っていたメンマも同じで、こちらもほとんど味付けは感じませんでした。

 

麺は縮れの入った少し平たい形状。スープは貝だしの風味がしっかりと効いたあっさり目の豚骨

麺は細麺かと想像していましたが、完全に外れて(笑)縮れの入った少し平たい形状をしたタイプ。なかなか好きな感じで大盛にすれば良かったかも。スープはあっさり目の豚骨でややタレが強めに感じます。臭みなどは全く無く、貝だしの独特の風味がしっかりとしました。

 

飲んだ後の〆でも重くない豚骨ラーメンを提供するお店

今回食べた貝だし豚骨。タレから来るものなのかやや塩気と貝だしの風味が感じられるあっさり目の豚骨スープは飲んだ後の〆でも重くない一杯かと。夜は居酒屋&ラーメン店としても利用出来るみたいなので、そのまま〆に食べるとこの塩気も丁度良い塩梅に感じるかも。〆に豚骨は。。と言う方は中華そばを選択するのも良いかもしれません。次は基本の豚骨か中華そばかな。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.3

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 〒520-0855 滋賀県大津市栄町16−10
電話 077-536-5266
営業時間 [月~土]11:30~14:00 18:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 日曜日
Webサイト  


滋賀県大津市豚骨, 魚介, 壱々零参

Posted by masa