ラーメンたぬき屋 数ある限定メニューの中でも一番の好みかも。「昔ながらのしょう油ラーメン 改」

京都市伏見区醤油, チャーハン, たぬき屋

Place & Number

京都市伏見区

2019年ラーメン144杯目(今年3回目 通算52回目)

この日は久しぶりに社内での作業。14時近くになったのでお昼を取りに出ますが、向ったのは約4ヶ月ぶりの訪問となったこちらです。時刻は14時丁度くらいでの入店。先客は3名の後客2名。今日は豚骨にしようかな?と考えていたんですが、店員さんより、こんな限定があることを伝えられました。

 

【低糖質のパン&スイーツ】

この日あった限定メニュー

最近はSNSなどに限定情報を投稿されないので、食べた方の投稿を見るか、お店に入らないとわかりません。この日書かれていたメニューは「昔ながらのしょう油ラーメン 改」。「」と書かれていますが、前回を食べていないので、どこが変わったのかは分からないことを最初にお断りしておきます(笑)

では、名前からして自分好みな感じなので、即決で注文。待つこと7分ほどでラーメンの到着です。

 

昔ながらのしょう油ラーメン 改

名前からもそうでしたが、見た目からもかなり自分好み。具材はチャーシュー、ネギ、モヤシ、メンマとなっており、味玉も載っていますが、これは大将からのサービスなのかも(何も仰いませんが)。

 

チャーシューは厚めで食べ応えあり

チャーシューは厚めにカットされたバラ肉がのっており、サイズもあるので食べ応えもなかなかあります。想像していたチャーシューとは違いましたが、このチャーシューもありですね。

 

麺は滑らかな口当たり。スープはジワッと旨味が来る醤油

麺は少し平たい形状をしており、熟成豚骨で使用されているタイプと似ている気も。滑らかな口当たりでしっかりした食感があり好みですね。スープは大きめの背脂の様なものも浮いており、ジワッと来る複雑な旨味が良い塩梅。こちらの中華そばとはまた違った雰囲気があります。

 

相変わらずボリュームある炒飯

セットで炒飯もお願いしました。やや甘めに感じる味付けもいつも通りで、量もセットとは思えないくらいタップリとあるため、いつも腹一杯になります。パラッとしておりチャーシューの細切れもたくさん入っているボリューム感ある炒飯です。

 

お試しで頂きました

大将がそっと出してくれたのがこの豚軟骨。「夜の限定で使用するつもりです」と仰っていましたが、非常に柔らかくトロけるような食感で一味の辛味との相性も良いかと。どんな限定に使われたのか気になりますね。ありがとうございました。

 

数ある限定メニューの中でも一番の好みかも。「昔ながらのしょう油ラーメン 改」

今回食べた昔ながらのしょう油ラーメン 改。見ため味とも現在の自分の好みにドンピシャで、麺、スープ共に非常に旨いと思える一杯でした。こちらではかなりの数の限定を提供されていますが、その中でも自分的にはこれが今のところ一番好みかもしれません。レギュラー化して欲しいくらいですね(笑)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:4.0

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区深草泓ノ壺町11-9 第二池田ハイツ1F
電話 不明
営業時間 11:30~14:30 18:00~22:00
定休日 木曜日、第1日曜日
Webサイト