町田商店 京都醍醐店 万人向けに調整されたチェーンの家系ラーメンは自分のカスタマイズ次第

2019年10月27日京都市伏見区豚骨, 家系, 町田商店京都醍醐

Place & Number

京都市伏見区

2019年ラーメン174杯目(今年1回目 通算1回目)

この日は午後より半休取得していますが、所用をいくつか済まして1ヶ月ほど前に出来たお店にちょっと寄ってみようと思い、こちらへ入ってみることにしました。

 

町田商店 京都醍醐店

2019年9月11日にプレオープン、12日にグランドオープンしたお店です。以前は「さん天」があった場所で駐車場もたくさんあります。時刻は15時過ぎ。入店してみると先客はゼロでしたが、後客はパラパラと6名ほど。店内に入ると券売機がドンと置いてあるので、まずはそちらを確認します。

 

基本は家系ラーメン、しかしそれ以外も

町田商店は家系ラーメンのチェーン店なので基本は家系のラーメンと塩ラーメンとなっており、トッピングにより価格も変動。それ以外にも中華そば、味噌ラーメン、つけ麺などもありました。

セットはチャーハン、餃子、唐揚げとド定番。麺は大盛にしたい場合は「麺増し」券を1枚、特盛の場合は2枚購入します。

 

好みの指定と卓上の味変など

好みの指定は麺の硬さ、味の濃さ、油の量を選択する事が可能。町田商店にはそれほど訪問出来ていないので、今回は全て普通でお願い。

また味変として刻んだ玉ねぎや漬物、ニンニク、生姜、豆板醤なども置かれています。では今回はオーソドックスなラーメンにして味玉だけ追加。待つこと5分ほどでラーメンの到着です。

 

味玉ラーメン

小さめの黒い器に具材としてチャーシュー、ほうれん草、うずらの卵、海苔、少量のネギ、別トッピングの味玉が載せられています。券売機の画像の様に味玉はカットさていませんでした。

 

柔らかなチャーシューはまずまずの印象

チャーシューは1枚で食感は柔らか。味付けはそれほど濃く無く、まずまずの食べ応えもありました。

 

麺は平たく短い。スープは豚骨醤油でクセも無い

麺は平たい形状で家系らしく短いタイプ。表面ツルっと滑らかな口当たりでした。スープは豚骨醤油でクセや臭みも無く、やや優しめの印象。すべて普通にしたので、これが基準となる様です。

 

トッピングと刻みタマネギとニンニク

トッピングにはうずらの卵とほうれん草と定番が載っていました。味玉はカットされておらず、中の半熟具合はもうひとつで味付けも薄め。途中で卓上にあった刻みタマネギとニンニクを入れてみましたが、ニンニクはやはり合いますね。また刻みタマネギも食感がプラスされて面白い。ただ生なので入れ過ぎるとちょっと辛いかも。

 

万人向けに調整された家系

今回食べた味玉ラーメン。チェーンの家系ラーメン店のためか、好みを全部普通にしてみるとクセも無い、万人向けに調整された一杯かと。しかし好みも色々と指定出来ますし卓上にも様々な味変もあるので、このラーメンをカスタマイズするのは自分次第。変化を色々と付けてみるのも楽しみのひとつですね。今回で普通の状態が分かったので、次はどうしようかな?ひとつずつ試してみようかと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.3

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区醍醐川久保町36-1
電話 075-748-6334
営業時間 11:00~24:00
定休日 年中無休
Webサイト https://www.eak-ramen.jp/


2019年10月27日京都市伏見区豚骨, 家系, 町田商店京都醍醐

Posted by masa