醤油ラーメン専門店 陽はまた昇るで現在提供されている5種類の醤油「ラーメン」をすべてを食べてみた

京都市伏見区醤油, 陽はまた昇る醤油

Place & Number

京都市伏見区

2019年ラーメン182杯目(今年5回目 通算5回目)

この日も社内での作業でした。14時前になってお昼を取りに行く事が出来たので、前日に行こうと考えていたこちらのお店へ向かうことに。

まずは券売機でメニューを一応確認しておきます。

 

麺類は変更無いが、サイドがひとつ追加

麺類は7種類なのは変わっていません。しかしご飯ものにピリ辛メンマ丼が追加になっていました。ただこの日はご飯ものが全て無くなってしまった様で全部売り切れ状態。。

 
ピリ辛メンマ丼は伏見稲荷のお店で食べた事がありますが、同じものなのかは不明なので、下記に参考程度にその時の記事のリンクを貼っておきます。

では今回はつけ麺、まぜそばを除いたラーメン5種類のうち4種までは食べたので、最後のひとつとなった「生醤油」を注文。待つこと5分ほどでラーメンの到着です。

 

地鶏醤油ラーメン 生醤油

具材はチャーシュー2種、ネギ、メンマ、三つ葉となっており、基本的に他のラーメンも同じ感じですが、微妙に変えられています。

 

チャーシュー2種類は同じ

豚と鶏のチャーシュー2種類となっているのは他のラーメンと同じ。豚の方は香ばしさがあり、鶏は柔らかな食感なのは変わらず。

 

麺は細くしっかり食感。スープは酸味の様なものも感じます

麺は細くしっかりした強めの食感なのは他の醤油ラーメンと同じ印象。スープはやや酸味の様なものを感じ、醤油の風味も良い具合に効いていました。また表面にはそこそこ油が浮いています。

 

ご飯ものが無かったので替玉を

ご飯ものが無くなっていたので替玉を注文。以前に食べた時は若干違う麺に感じましたが、今回は最初の麺と同じ様に思えました。麺の上にはネギ、中にはタレも少量かかっています。

 

醤油ラーメンを5種類食べてみて

今回食べた生醤油。特徴的に感じたのは他のラーメンと比べてやや酸味の様なものを感じたところでしょうか。じんわりとした旨味(淡麗系)があり、しっかりとした食感の細い麺の組み合わせは基本的に同じ印象です。

今回で現在提供されている醤油「ラーメン」5種類をすべて食べてみました。「陽はまた醤油」→「白たまり」→「濃厚鶏白湯醤油」→「地鶏と貝出汁醤油」→「生醤油」の順に食べましたが、見た目は同じ様な感じながらもそれぞれに特徴があり、どれが一番なのか甲乙つけがたい。。

しいて選ぶなら「陽はまた醤油」か「地鶏と貝出汁醤油」かな。これから何度も食べているウチにまた変わる可能性はあると思いますが(笑)その前につけ麺とまぜそばも食べてみようと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.7

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区深草野田町8-3
電話 不明
営業時間 11:00~14:30 18:00~21:30
定休日 木曜日
Webサイト