老舗東海・近畿のチェーン店で秋メニューの「牛肉つけ麺」を食べてみた。Sugakiya(スガキヤ)フォレオ大津一里山店

2019年11月9日滋賀県大津市つけ麺, sugakiya, スガキヤフォレオ

Place & Number

滋賀県大津市

2019年ラーメン186杯目(今年1回目 通算1回目)

この日は休日。午前より子供と公園にてキャッチボールをした後、そのまま近くのフォレオに向かうことに。朝も食っていなかったので朝飯代わりにこちらで軽く食べることにしました。

 

Sugakiya(スガキヤ)フォレオ大津一里山店

スガキヤ」と言うとモチロン名古屋発祥。自分も子供の頃からスーパーのフードコートなどでお世話になっているお店で、東海・近畿に小さい頃からお住まいの方なら知っている方も多いかと。

運営会社のスガキコシステムズ株式会社のHPを見ていると、最初は”甘党の店”で開店。その後ラーメンの提供も開始され、その時に「寿がきや」に店名も変えられた様です。店名は創業者の”菅木”から取られている様で、現在の社長さんも菅木の性ですね。

スガキヤで思い出にあるのはやはりあの”ラーメンフォーク”。フォークの様なスプーン?もしくはスプーンの様なフォーク?で麺を持ち上げることも出来、スープも啜れる優れものでした。

ではお店にあるメニューを見ていると、ラーメンはこのご時世に330円(税込み)と安い。しかしこれでも消費増税で10円ほどアップされています。他に季節商品(秋メニュー2019年9月5日から)と期間限定(2019年10月1日から)メニューも大きく記載。

※季節商品
 ・野菜たっぷり担々麺
 ・牛肉つけ麺
 ・W牛肉つけ麺
 ・ピリ辛ネギラーメン

※期間限定
 ・天ぷらラーメン

などを提供。天ぷらラーメンも気にはなりましたが、ベースの和風豚骨スープとの組み合わせも何となく想像出来る気がしたのでパスして、より気になった「牛肉つけ麺」を頼んでみることに。待つこと7分ほどで呼び出しのベルが鳴ったので取りに向かいました。

 

牛肉つけ麺

つけ汁は白い器に、麺や具材は赤い丼に収められており、麺側には水切りが敷かれていますが、これが麺を持ち上げようとすると動く動く(笑)

 

割とあっさりめのつけ汁

つけ汁は和風豚骨醤油とのことで、どこか懐かしい感じの風味がしますが、濃厚では無く割とあっさりめ。やや塩気があり、つけ汁の温度はそれほど熱いものではありませんでした。

 

麺側には牛肉とメンマとほうれん草が

麺側には牛肉とメンマ、ほうれん草が載せられています。牛肉が増量されたW牛肉つけ麺もありましたが、今回は普通のを選択。柔らかな牛肉で旨辛ダレで味付けとありますが、辛味は感じずむしろ甘いと思えたかと。メンマおよびほうれん草は普通の印象でしょうか。

 
麺は太麺とのことですが、それほど太いものでは無く、加水は高めなのかプリッとした食感がありました。麺の量も通常量の1.5倍とのことで感覚的には200gくらいかな?

 

ある意味スガキヤらしいつけ麺

今回食べてみた牛肉つけ麺。麺やつけ汁に関しては物足りなさはやはり否めないですが、それはラーメンも同じ。ただラーメンに関しては小さな頃から食べた記憶がどうしても重なるので、懐かしさが感じられます。

つけ麺は昔からあるものでは無いので懐かしさの様なものは感じませんが、価格も安くリーズナブルかつ手軽に食べられるのは、ある意味”スガキヤ”らしい気もしますね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.0

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 滋賀県大津市一里山7丁目1番1号
フォレオ大津一里山店2F
電話 077-547-5118
営業時間 10:00〜21:00(LO20:30)
定休日  
Webサイト http://www.sugakico.co.jp/


2019年11月9日滋賀県大津市つけ麺, sugakiya, スガキヤフォレオ

Posted by masa