トッピングが増え、食べ応えもアップするブラックラーメン。新福菜館 伏見店の「新福そば」

京都市伏見区醤油,新福菜館伏見

Place & Number

京都市伏見区

2020年ラーメン99杯目(今年1回目 通算14回目)

この日は新たな業務が入りそうなので、動画編集ソフトの使い方をマスターするために朝からずっと格闘していました。思った程操作は難しく無いけど、恐ろしく根気がいる作業かなあ。。しかしなんだかんだと習得したらYouTuberも始められるかな?なれても稼げんケド(笑)

と勝手な妄想をしながら、なかなか良い具合に習得出来て来たのでお昼を取りに出ようと思うと時刻は14時。また久しく行っておらず、食べたいと思ってしまったこちらへ向かうことに。

時刻は14時過ぎでお店前の駐車場もすべて空いていたので駐車。しかし駐車場係の人が来なかったな?ということで入店してみると先客ゼロの後客1名。久しぶりなので一応メニューを確認しておきます。

 
約9ヶ月ぶりの訪問ですが、メニューや価格には特に変更は無い様に見えます。では何を注文するか検討。やっぱり肉多目にするかなあ?とも思いましたが前回訪問時に注文していたので止めにして、そう言えばまだ注文したことが無いと思われる「新福そば」をお願いすることに。頭に”特大”とも書かれているのでどんな大きさなのかちょっと不安ですが、待つこと6分ほどで到着しました。

 

【広告】

新福そば

特大とあったので到着したものを見てちょっと拍子抜けしました(笑)凄くデカイ丼とかで来るのかと考えていましたが、意外に普通。まあ、勝手に想像していただけですが。。思えば価格も中華そばと比べて200円アップだけなのでそこまでは増えるはずもありませんね。

具材はチャーシュー、ネギ、モヤシ、生卵、となっており、いつもながらの真っ黒なスープが旨そうに見えます。

 
チャーシューはちょっと濃いめの味が付けられており、枚数もそこそこあるので食べ応えも。濃いめの味なので生卵との相性が良いかと。

 
麺は9ヶ月前に訪問した時も感じたのですが、前よりも細くなっている気が今回もしたのですが、気のせいかなあ??カタメに茹でられしっかりとした食感とスープの色に染まっているところは変わっていないのですが。スープは安定のブラック。見た目ほど塩気を警戒しなくても大丈夫ですよ。

 
新福そばにすると麺の量とモヤシ、生卵が追加になるのかと思われます。前述どおり生卵が味濃いめのチャーシューとの相性が良い具合。

 
14時過ぎると?カウンター席はここのシマしか開いておらず、道路側のカウンター席と座敷席は使用できない様にされています。

 
今回初めて?食べた見た「新福そば」。恐らく麺の量が増えて、さらにモヤシと生卵をトッピングされた形なのが新福そばと思われますが食べ応えもあり、味がやや濃いめのチャーシューと生卵の相性が良い一杯でした。これをチャーシュー増量すればもっと食べ応えありそうですが、価格はちょっと高くなりますね。でも肉が増量されたのも食べてみたいので頼んでみます。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.7

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区深草泓ノ壺町31
電話075-643-2311
営業時間11:00〜22:00
定休日木曜日
Webサイト