場所柄の影響もあり、より観光向けになっている印象。麺好坊 蓮の「味玉熟成鶏白湯つけ麺」

京都市伏見区つけ麺,

Place & Number

京都市伏見区

2020年ラーメン175杯目(今年1回目 通算2回目)

社内での作業後、お昼を取りに出ますが、6月頃に前まで行って開いていなかったお店に向かうことにしました。

 

【広告】

麺好坊蓮

こちらには7年半以上前に一度訪問したことがあります。当時も観光客はそこそこありましたが日本人がメインで、提供されていたメニューも何処か日本人に合うようなものを出されていた記憶があります(その時の記事はこちら)。

店内に入ってみると以前は1階にもカウンター席が数席ありましたが、改装されほぼお店側のスペースとなっており、カウンター席も二つくらい?しかありませんでした。

注文方式も変わっており、

1.QRコードをスマホで読み取り、HPのメニューページにアクセス
2.食べたいメニューの番号をレジで伝える。
3.お金は先払いなので会計を済ます
4.そのまま1階カウンター席か2階席に向かう

とこんな感じの注文方式でしたが、後ろに客がいたら焦るかも。それにQRを読み込めない客はどうするのか疑問もありますが、たぶんメニューも別に用意されているのかもしれませんね。しかし可能であるならば事前に下記のURLでメニューを決めておくのも良いかもしれません。

メニューは基本的にラーメンもしくはつけ麺となっており、セットものは殆どなく、どちらかと言うと観光向けにも思えました。

メニューの詳細は上記サイトで確認してもらうとして、今回はつけ麺を注文。鶏白湯と旨辛バージョンがあったので取り敢えず、プレーンの?鶏白湯を選択。大盛もプラスして席に着いてから10分ほどで先につけ汁が到着して、その後に麺側も来ました。

 

味玉熟成鶏白湯つけ麺(大盛)

色合い的にはなかなか綺麗な感じで、大盛りにしたので量もありそうに見えます。

全体を見渡す様な簡単な動画です(笑)つけ汁を持って来れられた時はグツグツしていた(つけ汁の動画をご覧ください)のですが、麺を持って来られた時にはグツグツもほとんどない状態に。。

 
つけ汁は割とあっさりめの鶏白湯で、チャーシューや揚げ玉が入っていました。やや塩気は強めに感じ、冷めにくい器ではありますが、麺量があるので最後はちょっと冷たくなります。

つけ汁の動画もちょっと撮ってみました。グツグツと熱々な感じが伝わるかな?(笑)

 
麺側にほとんどの具材が載っており、チャーシュー、ネギ、メンマ、ナルト、味玉、海苔、そして珍しいのが油揚げ。やはり伏見稲荷に近いので”お揚げさん”は必須なんですかね?

 
チャーシューは非常に柔らかい食感のものがバラの花の様に巻かれた状態で置かれていました。1枚ずつ剥がしながら食べることにしたのですが、これがなかなか剥がしにくい。。面倒になったのでつけ汁にすべて投入すると温まって剥がしやすくなりました。

油揚げはやや甘めの味付け。鶏白湯には特に問題なくひとつの具として食べられましたが、同行者によると旨辛には合わなかった様子。

 
麺は太麺で滑らかな口当たり。大盛りにすると400gくらいはありそうで、なかなかお腹も膨れました。

 
あまりつけ汁は残りませんでしたが、最後は割スープを頂きました。割スープは持って来てくれて、置いて行ってくれるのかと思ったら、店員さんが割スープを投入してくれるシステム。

また外国の方であまりつけ麺の割スープのことを分かっていないのか、麺や具が残っている状態で投入しようとされたので止めて貰いました(笑)

それとも外国人客は薄めてもらうために途中でも入れてもらうのかな?真相は分かりません。。

 
2階席は2人掛けテーブルが6卓、1人掛けテーブルが1卓置かれていました。2人掛けは移動が可能なので4人とかでも対応可能かと。

 
今回食べた味玉熟成鶏白湯つけ麺(大盛)。7年半以上前に来た時よりも、チャーシューがバラの様な形に巻かれていたり、見た目もなかなか綺麗な形にされているところや、定食などはほぼ無くしてラーメンと海老天や牛蒡天とのセットの様な観光客でも頼みやすそうなものが中心になっている印象。

場所柄客層はほぼ観光客になりそうなので、7年半の間に色々と試行錯誤された結果がこの形なんだろうなあと思えました。

しかし6月にこの辺りに来た時はほとんど人がいませんでしたが、この日は数年前ほどでは無いながらも観光客や修学旅行生なども見かける様になって来ましたね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.4

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区深草一ノ坪町27-18
電話075-204-8461
営業時間店内 11:30~/テイクアウト 11:00~
※材料がなくなり次第終了
定休日毎月第4週火・水・木曜日
Webサイトhttps://menkoubou-ren.com/


京都市伏見区つけ麺,

Posted by masa