ラーメン小憎 熊本ラーメンとはまた違った豚骨が楽しめる「焦がしにんにくラーメン」

京都市伏見区豚骨,替玉,ラーメン小憎

Place & Number

京都市伏見区

2021年ラーメン39杯目(今年2回目 通算11回目)

この日は昼に上京区の現場へ。大きな問題もなく終了した後、会社へ戻ることに。その後、13時半も回ったのでお昼を取りに出ますが、何となくこちらのお店へ行こうと思い向かうことに。

入店してみると先客は1名で、前回訪問時にも見かけた年配のお客さんが枝豆や餃子をアテにビールを飲んでおられました。かなり羨ましいが(笑)、500円でちょっとしたツマミが付いたビールセットもされているので、それを注文されていたのかと。

リタイアして昼から酒を飲めるのは羨ましいですが、毎日とかだったら体の方がちょっと心配かな?自分がリタイアした時はどうなることやら(笑)

などと考えながらメニューを確認。今回はニンニクの匂いなど気にしないことにして、「焦がしにんにくラーメン」を注文。待つこと5分ほどでラーメンの到着です。

 

焦がしにんにくラーメン

具材はチャーシュー、ネギ、材木型メンマ、味玉、そしてニンニクチップ。ニンニクチップは以前と違って、揚げ具合はちょっと軽めでしょうか。量的にも以前食べたときよりは少し少なめの印象。

 

歯ごたえもあるチャーシュー

チャーシューは小さめサイズのものが2枚。脂身部分も多めですが、今回載っていたのはトロける様な感じではなく、やや歯ごたえのあるタイプ。

 

麺は細麺、スープはトロリとした豚骨

麺は細麺でプツっとした歯切れの良さがあり、少しザックリした食感も。スープは軽くトロミがあり濃厚さもありますが、臭みなどは全くありません。

 

黒いのはマー油か?

前述どおり、ニンニクチップの焦がし感は優しめですが、風味はしっかりとしています。黒い液体はマー油かと思われ、これもニンニクの風味をアップさせている印象でしょうか。

 

替玉も注文

替玉も注文しましたが半玉と1玉があり、今回は1玉でお願いしました。最初に入っていた麺と同じ細麺ですが、やや湯で加減はカタメなのか、ザックリ感が最初よりも強めに思えます。

 

熊本とはまた違ったタイプの豚骨

豚骨でニンニクチップを使用しているラーメンと言うと「熊本ラーメン」を思い出しますが、豚骨でもこちらの方がトロミもあり濃厚なタイプ。雰囲気的には熊本ラーメンを思い出しますが、また違った豚骨を楽しむことが出来ますね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.5

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区深草キトロ町7-12 1F
電話075-641-8800
営業時間11:00~14:00 17:30~23:00
定休日 
Webサイト 


京都市伏見区豚骨,替玉,ラーメン小憎

Posted by masa