日本一たい焼き 京都福知山野花店 回転率も良く、中身もしっかり詰まった旨い「たい焼き」のお店。

スイーツたい焼き,日本一たい焼き京都福知山野花

Place & Number

京都府福知山市

2021年スイーツ3軒目(今年1回目 通算1回目)

福知山の現場が終了後、近くにあったあのお店に寄ってみようと思い向かうことに。向かったのは今年2月に滋賀のお店で買って帰って、非常に印象良かった「たい焼き」のお店です。

個人的に行ける可能性があるお店と言うと、あとは福知山のお店かな?と思っていたので、折角近くまで来たため買って帰ることに。ただ今年6月に滋賀の竜王町に新たにオープンされていたので、今後はそこのお店の方が行くことが多くなるかもしれません。

では福知山のお店へは16時半頃に到着。

 

たい焼き専門店「日本一たい焼き」京都福知山野花店

以前にここのたい焼きを食べて、これは旨いなあと思ったので違う店舗ですがリピート。16時半頃ですがお客も入れ替わり立ち代わり来るのは甲賀のお店と同じ感じ。

ただこちらのお店が違ったのは提供の早さ。私も注文してセルフレジでお金を払って、さあちょっと待つかあと畳の待合に座った瞬間お待たせしました~と呼ばれました。。所要時間2分くらいやったんちゃうかな?(笑)

これだけ早いと当然、店内にはひとりも客はいません。お客さんも入って注文して、お金払って、受け取って、スグにお店を後にする、と相当回転率が良い様に思えました。

甲賀のお店ではもっと客が多かったので、少し待ちましたがそれでも大した待ち時間でも無かったかと。一番ピークの時は恐らくもっと待つことにはなるのかもしれませんが。。

 

6個だと化粧箱に

前回と同じく6個購入。6個だと化粧箱に入れて貰え、10個用の化粧箱もある様です。こちらでは小豆あん、白あん、カスタードの3種類が販売されていますが、白あんに関しては限定数が100個となっており、この日はやはり売り切れでした。。

 
取ってにはどの餡が何個入っているかが分かる様に記載がされています。この画像では左に小豆あんが3個、右にカスタードが3個という意味合いになります。一応、手渡される時にも説明がありますが、こうやって書いてあると後からでも良く分かりますね。

中も種類の境目には白い紙が挟んであります。今回は2種類なので1枚ですが、以前に甲賀のお店で買った時は3種類だったので、2枚の紙で区切られていました。

 

相変わらず餡はタップリ

カスタードです。このカスタードが持って帰る最中も車内で香りを放ちまくっていました(笑)子供もこの香りにつられて早く食べたいと言うほど。良い甘さのカスタードは量もタップリで尻尾まで入っているのは前回確認済み(笑)

 

次の日はトースターで

小豆あんの方はトースターで焼いてみました。パリパリ食感にしたい時はトースターで、ふわふわ食感にしたい時は電子レンジでと書いてあったので、パリパリ食感を選択。ただトースターでの焼きがちょっと足りなかったのか、パリパリまでは行かず。。しかしそれもそのはず。最初に30秒レンジで温めるのを忘れてたわ(笑)

 
前回食べた印象が良かったので、リピートして購入したたい焼きですが、回転率も非常に良く、やはり旨いし好印象。これはお店を見つけたらつい買って帰ることになりそう。

6月に竜王町とまだ割と近いところにお店も出来たのですが、現在はまだ小豆あんだけの販売の様子。もうちょっと待ってメニューが増えたら、また買いに行こうと思います。八女茶あんと安納芋あんも食べてみたいなあ。。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.6

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都府福知山市野花719-2
電話0773-33-0037
営業時間9時~18時30分
18時30分前後で完売次第終了)
定休日月曜(祝日の場合は翌日休)
Webサイトhttps://www.nipponichitaiyaki.com/index.html