寒くなると身に沁みる冬の定番。福来たるの『鍋焼きうどん』で温まって来ました。

うどん福来たる,鍋焼きうどん

Place & Number

京都市伏見区

2021年うどん4杯目(今年1回目 通算46回目)

この日は年明け2日目の出社。社内での作業をしていましたが、お昼も過ぎたので外出。

最初は近くの大河に行こうと思ったのですが、この日はお休みでした。。また、この辺りのコインパーキングはこの時期バカ高くなるのを思い出したので伏見駅方面へ移動。

何となくうどんのクチになってしまっていたので、こちらのお店へ向かうことに。車を停めて歩いているとこの日は結構寒い。。

東京の方でも雪が積もるとかで、太平洋側に珍しく降る様子。お店に到着するまでにすっかりと冷え切ってしまい、店前の看板メニューを見て即決してしまいました。
 

寒い時はこれ

やっぱり寒い時はこれ。「鍋焼きうどん」です。夏場は食べたいとは思いませんが(笑)、特にこの日の様に寒い時は食べたくなるし温まる。

では待つこと6分ほどでうどんが到着。熱々のためか、取り皿とお冷やまで付いていますが、個人的には取り皿は使用しません。ハフハフ言いながら食べたいんで(笑)
 

鍋焼きうどん

鍋焼きうどんというと私の中では陶器の器で食べるイメージが強いのですが、こちらでは鉄鍋(熱くて触れないので多分)での提供。

 

食べるのが楽しくなる

具材はどれから食べるか悩むくらい数も多く、海老天、鶏肉、お餅、しいたけ、水菜、油揚げ、玉子、それからエノキもあったかな。これだけあると食べるのも楽しくなりますね。

 

やっぱり大盛が欲しいところ

うどんは太く、温かい状態でもしっかりとしたコシも感じられます。ただやっぱり個人的には量が足らない。。大盛がやっぱり欲しいところ。

 
今回は非常に寒い日だったので「鍋焼きうどん」を食べてみましたが、具材も多く食べるのも楽しい上に、寒い日にはこの暖かさは身に沁みる一品ですね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.8

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区深草柴田屋敷町76
電話075-641-6663
営業時間11:00~15:00(L.O.14:30) 17:30~22:00(L.O.21:30)
定休日水曜日
Webサイト 


うどん福来たる,鍋焼きうどん

Posted by masa