蕎麦 ヒハマタノボル - 寒くなって来たら

和食蕎麦, 蕎麦ヒハマタノボル

 
京都市伏見区

2017年和食12軒目(今年5回目 通算5回目)

 
この日は社内でしたが色々と対応などをしていると既に15時前。お昼を取りに行くことにしますが、何となく食べたいと思ったこちらの通し営業のお店へ向かうことに。

時刻は15時過ぎ。先客後客共に無く、メニューも確しましたが前回と変更はない様子。今回は初訪の時に注文したもり豚のせを注文しますが、好みを色々と変更できる様だったので、温盛りでお願いしラー油もちょい増しにしてもらいました。待つこと7分ほどで蕎麦の到着です。

 

もり 豚のせ(大盛 温盛り ラー油ちょい増し)

つゆと蕎麦が別れた形式は以前と同じですが、刻み海苔がたっぷりと高く盛られていました。

 

つゆは前よりも少し赤く

つゆの方に入った具材はネギ。ここも変わらないですがラー油ちょい増しにしたため少し以前よりも赤い色合いに。ただちょい増しでは私には少し辛味は足りなかったかも。

そして一番違ったのは温盛りにするとつゆも温かくされる様です。寒くなって来たら暖かいつゆが良いですね。

 

温盛りなら蕎麦と具材も変更?

温盛りにしたので蕎麦は当然温かい状態。熱々というわけでは無く軽く温められており、冷やよりも柔らかめではありますが、私的にはこのくらいの方が好みかもしれません。

それと豚肉ですが冷やの時はこの肉も冷めていましたが、今回は蕎麦の熱で温まったのか、それとも敢えて温められたのか不明ながらいい具合に柔らかく旨い。

 

無料の生卵で味変

生卵は無料でつゆに入れると醤油っ気がマイルドになり味変も楽しめます。

 

寒くなって来たら

今回食べたもり豚のせ。温盛りでお願いしてみましたが、蕎麦だけで無くつゆや豚肉も温かくなっておりなかなか好印象。蕎麦も温かいながら思ったほど柔らかくは無く、個人的には良い塩梅の食感でした。

これからの季節寒くなって来たら、この温盛りも重宝するようになるかもしれませんね。暫くは温盛りでお願いしようかな。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.7)

 

—————————————————————————
住所   :京都市伏見区深草野田町8-3
電話   :不明
営業時間 :11:00〜20:00
定休日  :木曜日
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。

和食蕎麦, 蕎麦ヒハマタノボル

Posted by masa