蕎麦 ヒハマタノボル - 今のところこの組み合わせが好み

蕎麦 ヒハマタノボル - 今のところこの組み合わせが好み
place & number

京都市伏見区

2018年和食2軒目(今年2回目 通算8回目)

この日は社内にて恒例の作業をしていましたが、飽きてきたのでいつものごとく気分転換のため昼食を取りに行くことに。

何となく蕎麦が食いたいと思ったのでこちらへ向かうことにしました。時刻は14時過ぎ。入店してみると先客4名ほどで後客はゼロ。

お店外にある券売機を確認しますが以前と変わらない様子。ということで現在のこちらで一番好みを頼んでみようともり豚のせの大を購入。券を渡して待つこと7分ほどで蕎麦の到着です。

 

もり豚のせ(大 温盛り ラー油増し)

今のところ好きな組み合わせはもり豚のせの大(300)を温盛りにしてラー油増しにした形。いつも通りに刻み海苔もたっぷり載せられています。

 

ラー油増しばかりしているつゆ

つゆの方は最近ラー油増しばかりして様に思います。ピリッとした辛さと山椒の風味が良い塩梅です。

 

薄くカットされた豚肉、温盛りの硬さが好みの蕎麦

豚肉は薄くカットされており、味付けもされてはいますが濃くはありません。蕎麦はいつも通り一般的なものに比べると太く食べ応えがあります。個人的には温盛りの硬さが好み。

 

無料サービスも

無料サービスで置かれている揚げ玉と生卵です。揚げ玉は風味と食感をプラスし、生卵はつゆをマイルドにするのと蕎麦に絡めて食べるのもなかなかかと。

 

今のところこの組み合わせが好み

今回食べたもり豚のせ(大)のラー油増し+温盛り。こちらではシンプルな「もり」、鶏を使った鶏汁、とろろなどもありますが、個人的には今のところこの組み合わせが好み。

豚のせのつゆは基本的に冷たいのですが、温盛りにするとつゆも温かくなるのが良いかと。ただ夏は冷たい方が良いかもしれませんね。次は久しぶりにとろろでも食べてみるかな。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.8)

お店のデータ

住所   :京都市伏見区深草野田町8-3
電話   :不明
営業時間 :11:00〜20:00
定休日  :木曜日
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。




おすすめ記事