蕎麦 ヒハマタノボル アッサリかつガッツリ食べたい時はここの蕎麦

和食蕎麦, 蕎麦ヒハマタノボル, 肉蕎麦

Place & Number

京都市伏見区

2019年和食5軒目(今年1回目 通算19回目)

この日は社内での作業。13時近くになったのでお昼を取りに行くことにして、あっさりながらちょっとガッツリ食べたい気分だったので、こちらのお店へ向かうことにしました。時刻は13時前。入店してみると先客1名でしたが、後客は3名。ではいつもの様に肉蕎麦の券と特盛の券を購入。待つこと10分ほどで蕎麦の到着です。

 

肉蕎麦+特盛

最近ここでのデフォとなりつつある肉蕎麦の特盛。刻み海苔は豪快に盛られているため、蕎麦を引っ張り出すとこぼれるので先に大半をつゆ側に放り込んでしまうのが自分の食べ方。

 

今回はラー油増しでお願いしました

つゆの方は最近はもっぱらデフォで食べていましたが、今回はラー油増しでお願いしました。ラー油の風味は増しますが、辛味はそれほど強くなりません。無料の揚げ玉を入れて食感をプラスしたり、同じく無料の生卵を入れたりしてつゆも完飲してしまいます。

 

蕎麦は以前より細めに感じはしたが。。

肉はあっさりめの味付けで量もそこそこあるので食べ応えもあります。蕎麦は恐らく変わっていないとは思うのですが、何故か以前よりやや細めに感じました。そのためか食べ易く感じ特盛(400g)でも足らないと思ってしまうことに(笑)

 

アッサリかつガッツリ食べたい時はここの蕎麦

今回食べたいつもの肉蕎麦(特盛)。つゆも油と言えばラー油くらいで麺も蕎麦。肉もありますがあっさりめの味付けで食べ易い。麺量も増やして特盛にすると、あっさりしながらもガッツリ食べられるので、そういった時はこちらへ来ている気がします。不思議と飽きがこない蕎麦なんで、そろそろ特盛券をもう1枚買って(合計2枚)500gで食べてみようかな(笑)まずは「もり」で試してみるかな?

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.8

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区深草野田町8-3
電話 不明
営業時間 11:00〜15:00
(夜はつけ麺陽はまた昇るとして営業)
定休日 木曜日
Webサイト