蕎麦ヒハマタノボル 食べれば食べるほどクセになってくる肉蕎麦

2019年7月6日和食蕎麦, 蕎麦ヒハマタノボル, 肉蕎麦

Place & Number

京都市伏見区

2019年和食12軒目(今年3回目 通算21回目)

この日は朝から宇治方面行った後、午後からは社内に。14時頃になったのでお昼を取りに出ますが、暫くお休みされていたこちらに蕎麦を食べに行くことに。いつもの様に特盛で食べたかったのですが、最近ちょっと体重が増加傾向にある気がしたので特盛は封印。大盛でお願いしました。

 

【低糖質のパン&スイーツ】

肉蕎麦(大盛)

やはり特盛と比べると少なめに見えてしまう大盛(笑)。当たり前ですが。いつも通りにラー油の入ったつゆと蕎麦と豚肉が盛られた丼の二つに別れています。

 

最近は辛味を増さなくても丁度良い感じに

つゆの方にはネギとラー油か入っており、以前はラー油増しなどもしていましたが、最近は増さなくてもこのつゆは軽くピリッとした方がいい感じに思えます。

 

味付け軽めの豚肉。強い食感で存在感ある蕎麦

豚肉は軽めの味付けで主張はそれほど強くはありません。蕎麦は一般的なものより太く強い食感で存在感は抜群。食べ応えもありますが、やはり特盛くらいが食べたかったかも(笑)

 

揚げ玉、生卵は無料!

揚げ玉や生卵は無料で食感に変化を付けたり、生卵でまた違った食べ方が出来ます。卵は基本的につゆに入れていますが、他にも違う食べ方あるかなあ?(蕎麦にかけたり?)

 

食べれば食べるほどクセになってくる肉蕎麦

今回食べた肉蕎麦(大)。いつもと変わらずピリッとした辛さのつゆに強い食感のある太い蕎麦と軽めに味付けされた豚肉の組み合わせの一杯。初めて食べてからラー油増しをしてみたり、蕎麦を温盛りにしてみたりといくつか違う形でも食べてみましたが、個人的にはデフォの形で食べるのか最近は好み。この蕎麦も何度も食べれば食べるほどクセになってくる様に思えますね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.8

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区深草野田町8-3
電話 不明
営業時間 11:00〜15:00
(夜はつけ麺陽はまた昇るとして営業)
定休日 木曜日
Webサイト  


2019年7月6日和食蕎麦, 蕎麦ヒハマタノボル, 肉蕎麦

Posted by masa