麺や 紬 - 3月末にオープンした伏見の新店

麺や 紬 - 3月末にオープンした伏見の新店

新店のためこちらの記事を先に公開致します。記事は前後しますが、ご了承下さい。

 

place & number

京都市伏見区

2018年ラーメン66杯目(今年1回目 通算1回目)

この日は社内での作業。13時頃になったのでお昼を取りに外へ出ることに。今回は訪問するお店は決まっていました。というのもこちらの八朔さんのツイートがキッカケです。

 

 

麺や 紬

紬は「つむぎ」と読む様です。先週の頭にこのお店の前を通っていたのですが、その時は何かラーメンの幟があるなあ〜程度の認識だったため、すっかりと忘れてしまっていましたが、先程の八朔さんのツイートでラーメン店だったのを確認。4月2日にツイートされていましたが、仕事の関係でようやくの訪問となりました。

場所は以前、K’sNOODLEや伏見のにぼ次郎があったところ。内装の基本的な配置は変わっておらずL字形のカウンター席となっており、全部で9か10席ぐらいあったかと。13時頃の入店で先客1名の後客3名。まずは入ってすぐ右手にある券売機を確認します。

 

メニューは非常にシンプル

まだオープンして1週間ほどのためなのかは不明ですが、メニュー構成は非常にシンプル。ラーメンは醤油、味噌の2種類で、後は大盛かチャーシュー大盛。サイドも無く、ライスのみという潔い形になっていました。では今回はデフォっぽい醤油を選択してチャーシュー大盛とライス(小)も購入。券を渡して待つこと4分ほどでラーメンの到着です。

 

醤油らーめん+チャーシュー大盛

具材はチャーシューとネギのみとこちらも潔い仕様。チャーシューが丼を覆うように並べられていました。ちなみに丼はやや小さめサイズとなっています。

 

食べ応えあるチャーシュー

チャーシューは脂身は少なめでサイズは大きめ。食感は柔らかで枚数も8枚ぐらい(もう少し多いかも)は載っていたので食べ応えもあります。

 

麺はしっかりとした食感のストレート、京都では定番のスープだがややあっさり目か

麺は少し太めでカタメに茹でられていたためなのか不明ですが、しっかりとしたコシが感じられる食感。スープは京都では定番のタイプですが、私的にはそれよりもややあっさり目でスッキリしている印象。

 

卓上に置かれたもの

卓上には一味、胡椒?、すりおろしニンニクが置かれていましたが、今回は使用しませんでした。

 

3月末にオープンした伏見の新店

今回食べた醤油らーめん+チャーシュー大盛。スープは京都定番のタイプに近いと思いますが、個人的にはそれよりもややあっさり目でスッキリした感じの一杯に思えました。またチャーシュー大盛にするとたっぷりと増量され食べ応えも十分。メニューは今後増やされていくのかは不明ですが、大学に近いのでボリュームもあるメニューがあっても良いのかも。

3月末にオープンした伏見の新店でしたが、意外に気付くのが遅くなってしまいました。次は味噌を食べによってみようかと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 お気に入り度:★★★☆☆(3.4)

 伏見のラーメン店データ

 

お店のデータ

住所   :京都市伏見区竹田久保町2-87
電話   :
営業時間 :
定休日  :
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。

 




おすすめ記事