肉のサカタ チャーシュー しんちゃん 地域に密着した優しい味のブラック

2019年2月23日京都市北区醤油, 肉のサカタ, しんちゃん

Place & Number

京都市北区

2019年ラーメン30杯目(今年1回目 通算1回目)

この日は昼より北区での作業予定。終了すると15時も回りそうだったので、先に現場近くでお昼を取ってしまう事にしました。向かったのはこちらのお店。

 

肉のサカタ チャーシュー しんちゃん

現在地からもそう遠くなかったので歩いて向かうと住宅街の中にありました。見ただけではラーメン屋さんとは思えないですが、お店前にラーメンの幟を上げられています。

時刻は13時を回った頃。入店してみると先客は近所の方と思われるおばあちゃんがお一人。後客はありませんでした。入って奥の方にカウンター席があり、テーブル席もいくつかありました。ではカウンター席に着席してメニューを確認します。

 

メニューはそれほど多くは無い様です

ラーメンはサイズが小、並、大、特大とありますが1種類。それ以外には担々麺となっており、サイドにはチャーシュー丼。それからセットはチャーハンとの組み合わせのみありました。

また、以前は提供されていたのだろうと思われる限定食やランチメニューは消されていました。では、チャーシューメンはない感じなのでラーメンを大でお願い。待つこと5分ほどでラーメンの到着です。

 

ラーメン(大)

到着時に感じたのは見た目が新福や龍玄と似ているなあでした。具材はチャーシュー、ネギ、モヤシと非常にシンプルでこの系統の見た目は個人的に好み。

 

チャーシューの食べ応えはもうひとつ

チャーシューは小さめサイズのものが7枚ほどはあったかな。食感は柔らかで味はそれほど濃くなく、何となく懐かしい感じがしました。ただ食べ応えはもうひとつだったのでチャーシューメンの設定も欲しいところ。

 

麺は太さの選択が可能、スープは見た目真っ黒だが優しい味

麺は注文時に細麺か太麺を聞かれるので選択可能な様です。太麺を選びましたが、想像していたよりも細く、中細くらいの印象。スープは新福の様な真っ黒な色ですが、背脂も浮いており豚の出汁感は優しくやや物足りなさも。

 

地域に密着した優しい味のブラック

今回食べたラーメン(大)。量的には大にすると麺の量も良くモヤシもタップリでスープも多く食べ応えはなかなかありましたが、スープの出汁感は優しめに思えました。

ただ先客のおばあちゃんも常連の様でしたが、お年を召した方ならこのくらいあっさりしていた方が良いのかもしれません。(美味しい美味しいと言って食べておられたので)そう言った理由があるのか分かりませんが、私には地域に密着した優しい味のブラックラーメンに思えました。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.2

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市北区新御霊口町269-2
電話 075-231-0866
営業時間 11:30~14:30 18:30~24:00
定休日 日曜日
Webサイト  


2019年2月23日京都市北区醤油, 肉のサカタ, しんちゃん

Posted by masa