セアブラノ神 伏見剛力 - 9月限定のまぜそば

2019年1月29日京都市伏見区まぜそば, 限定, セアブラノ神伏見剛力

 
京都市伏見区

2017年ラーメン173杯目(今年6回目 通算15回目)

 
この日は夕方より出動予定。お昼は気になるメニューの販売を開始されているこちらへ向かうことにしました。時刻は12時45分頃。外待ちは無いですが、お店の中は満席に近い様子。まずは券売機にて目当てのメニューがあるか確認します。

 

目当てのメニューはある様です

メニューは変わっておらず、背脂煮干そばを筆頭に、まぜそば、昼夜で違うメニューのつけ麺、神二郎など。今回は右下にある限定メニューが目的で、×印は付いていないのでまだある様でした。200gと300gがあり迷いましたが、最近の自分の状態に合わせて200gをポチッ。券を渡して待っていると先にこの様なものを渡されました。

 

飛び跳ね対策

飛び跳ね対策として紙エプロンとアクリル板のような囲いを渡されました。紙エプロンは来るかなと想像していましたが、まさかの”囲い”までとは(笑)自分だけでなく周辺への飛び跳ね対策の様です。では待つこと8分ほどでまぜそばの到着です。

 

背脂ブラックまぜそば 200g

9月伏見剛力限定の商品で背脂ブラックまぜそばです。「ブラック」と聞くとついつい注文してしまうので、今回も頼んだのですが到着時に感じたのは「あれ?黒くないやん?」でした。

 

豊富な具材

具材は真ん中に卵黄と背脂が置かれており、その他にはチャーシュー、ネギ、フライドオニオン、海苔、マヨネーズの様な白いものとなかなか豊富。これらをグリグリと良く混ぜますがその前に麺だけを引っ張り出してみました。

 

波打った食べ応えのある太麺

麺は波打った形状で食べ応えも感じる太麺です。200gなのでそれほど多くは無いですが、食べている最中は300gにすれば良かったかな?といつも考えてしまいます。タレが飛ばない様に慎重に麺と具材を良く混ぜると、全体が真っ黒に(笑)この黒さは醤油では無くイカスミと言うことで塩気は強く無いですが、背脂とマヨネーズの油感とのバランスも良い印象でジャンク感も感じられます。

 

味変も途中で使用

味変で置かれた魚粉も途中で投入。魚粉の風味が付加されこれも良い具合に変化します。

 

〆ご飯はダブルで

麺がちょっと足りない感じだったので〆ご飯はダブルでいただきました。ダブルでも写真の様に茶碗に軽く一杯ぐらい。チーズがかけられているのが良いですね。投入後はこれもやはり真っ黒になりましたが、満足感はしっかりと得られました。

 

9月限定のまぜそば

今回食べた伏見剛力の9月限定「背脂ブラックまぜそば」。具材も多く何といっても混ぜた後の真っ黒な見ためはインパクトがありました。モチロン味も良く、強い味付けでは無いですが油とタレのバランスも良い塩梅でジャンク感も。ただ混ぜる時と食べる時は飛び跳ねを意識しないとダメですね。しかし「黒」と言う色は今更ながらすべての色を塗りつぶしてしまうんだなあと思ってしまいました。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.7)

 
伏見のラーメン店データ

このお店の過去の訪問履歴はコチラ

—————————————————————————
住所   :京都市伏見区深草柴田屋敷町23-27
電話   :075-642-5252
営業時間 :11:30~15:00 18:00~22:30
定休日  :火曜日
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。

2019年1月29日京都市伏見区まぜそば, 限定, セアブラノ神伏見剛力

Posted by masa