にんにく豚丼 京都・西浦 マヨでジャンク感アップと濃い味を緩和される生姜焼きマヨ豚丼

2019年2月16日和食肉増し, にんにく豚丼, 生姜焼き豚丼

Place & Number

京都市伏見区

2018年和食3軒目(今年1回目 通算9回目)

この日は社内での作業。バタバタしていると時刻は14時前。頑固麺にギリギリ間に合うかな?と思って前まで行ってみると外待ち4,5人あったので諦め、そう言えば暫く行けてないと思ったこちらへ入ることにしました。時刻は14時過ぎ。入店してみると先客1名の後客ゼロ。

席に着いてメニューを確認しますが、前回は何食べたかな?と思い出せなかったので、この日の気分で生姜焼きマヨ豚丼をご飯大盛で注文。肉増しも追加して待つこと8分ほどで豚丼の到着です。

 

生姜マヨ豚丼(ご飯大盛)+肉増し

こちらのにんにくは強烈な効き具合なので、仕事の時はいつも生姜焼きか甘辛を注文します。今回は生姜焼きマヨを注文しましたが、調べてみると前回も同じものを注文していたとは(笑)

丼は小さめですが、ご飯は丼一杯に詰められており、その上に生姜焼きとネギ、大根おろし、沢庵、一味などが載せられています。横から見ると分かる様になかなかの盛り具合。まずは沢庵を付いて来る生卵の容器に退避して下の方の豚肉を食べ、ご飯を掘っていくようにむさぼります(笑)

 

濃いしっかりとした味付けの豚肉

豚肉には濃いしっかりとした味付けがされています。ご飯の量は大盛だと500g(大盛無料)あるのですが、濃い味付けの豚肉のためご飯もどんどん食べることが出来ますね。マヨネーズはジャンク感もアップさせますが、これのお陰で濃い味が幾分緩和され食べ易くなります。

 

マヨでジャンク感アップと濃い味を緩和される生姜焼きマヨ豚丼

今回食べた生姜焼きマヨ豚丼。マヨネーズが入るとジャンク感はアップする気がしますが、意外にこの濃い豚肉の味が緩和され食べ易くなりますね。しかしこの濃い味付けはご飯が非常にススムので怖い気も(笑)ご飯の増量も出来るようなので、ガッツリ食べたい方はそれもありかもしれません。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.5

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区深草西浦町2-90 コーポ西浦 1F
電話 075-755-4830
営業時間 11:30~15:00 18:00~22:00
定休日 不定休
Webサイト  


2019年2月16日和食肉増し, にんにく豚丼, 生姜焼き豚丼

Posted by masa