ボリュームある吉野家のから揚げには「青ねぎ塩」のトッピングは必須!!

2021年9月4日和食テイクアウト,唐揚げ丼,吉野家24号線竹田久保町

Place & Number

京都市伏見区

2021年和食25軒目(今年13回目 通算21回目)

この日は社内でしたが、14時過ぎになってようやく昼飯を取ることに。またテイクアウトにするかなと思い、今年は非常にお世話になっているこちらのお店へ。行く前に吉野家のメニューを確認していたのですが、そう言えば吉野家の唐揚げって食ったことがないことに気付きました(多分)。

じゃあ、と言うことで唐揚げ丼を持ち帰ることにし、サイドメニューに良さそうなものもあったのでそれもテイクアウトすることにしました。

 

から揚げ丼の容器は別々に

から揚げ丼のアタマの大盛にしたのですが、ご飯と唐揚げは別の容器での提供となっており、マヨネーズも添付されていました。またサイドメニューから選んだのは「青ねぎ塩」。他の丼でも合いそうですが、塩ダレがあのねぎ塩豚丼と同じなら唐揚げに合うだろうなと思い購入してみました。

ではメインの唐揚げは別容器に収まってますが、ご飯の入った丼を確認します。

 

ライス側には野菜も

丼にはライスが盛られており、その上にキャベツとニンジンのみ載せられていました。何かこれだけだと凄く寂しい(笑)

 

1個がデカい唐揚げ

から揚げを確認しますが、揚げたてに拘られているためか、提供には7,8分かかるとのアナウンスがありました。通常だと3個の様で”アタマの大盛”にすると4個になる感じでしょうか?1個のサイズは結構デカく、コロモはカリッとしていますが、味付けは生姜の風味がして割とシンプル。

早速、丼に4個を盛り付けてみましたが、これは確かに別容器にせんとフタが閉まらん(笑)

 

トッピングの青ねぎ塩

トッピングは刻んだネギに恐らくねぎ塩豚丼で使用されているものと同じ?塩ダレがかけられているものかと。ではこれを唐揚げの上に盛って、さらに添付されていたマヨネーズを添えて完成です。

 

から揚げ丼(アタマの大盛)+青ねぎ塩

上から見ても横から見ても、なかなかのボリューム感(笑)ご飯の量は並サイズなんでそれほど多くは無いですが、唐揚げ4個で丁度良いくらいでした。

 
青ねぎ塩はやはり唐揚げとも良く合う。マヨネーズとの相性もかなり良いかとは思いますが、それだけだと飽きるだろうなあ。。

 
今回はから揚げ丼を食べてみましたが、実際食べてみるとやはりなかなかのボリューム感。ただ前述通りにマヨネーズだけだと、味に飽きてしまったかと思われます。しかし青ねぎ塩を加えたことで、最後まで飽きずに美味しく完食。唐揚げにはこの「青ねぎ塩」は個人的に必須かな?と思いますが、ネギがダメな方はすいません(笑)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.4

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区竹田久保町68
電話075-646-1267
営業時間24時間営業
定休日無休
Webサイトhttps://www.yoshinoya.com/