もうそんなに経つんか~、10周年おめでとうございます!本格手打ちうどん 大河 『ひやかけ』の季節がやって来た!!

うどん大河,ひやかけ,おやこめし,10周年

Place & Number

京都市伏見区

2022年うどん10杯目(今年1回目 通算99回目)

この日は社内での作業。今週の半分は社内だったので、お昼は出来るだけ近所で食べる様にしていました。というのも来週の予定が月から金まで既に全部入っており、こりゃ社内での業務が滞りそう。。

近所で昼飯を食べることも出来無さそう何で、久しぶりとなるこちらのお店へ向かうことに。ただ、過去の履歴を調べてみると、何と今年はまだ来ていなかったとは。。大将スンマセン。。(笑)

またこの日来たかった理由はもうひとつ。こちらの大河は先月の5月23日で丸10年を迎えられたので、ちょっとでも顔を出しておこうと思ったからでした。

ちなみに大河とは関係ないですが、京都を代表するラーメンチェーンのひとつ、「ラーメン横綱」も2022年5月23日に創業50周年を迎えられています。
 
少し話が逸れましたが、私が大河へ初めて訪問したのは2012年の5月31日でオープンして約1週間の頃。その時の記事を見ていると、帰るお客さんをひとりひとり外に出てお見送りされていたことについて、”これからずっと続けることはできないとは思いますが”とか書いていましたが、しっかりと今も続けてはるやん(笑)

と言うことで入店。この日は待ちも無く、比較的空いている印象です。では今回はここで一番好きなメニュー「ひやかけ」を単品で注文し、そしてご飯ものの「おやこめし」もお願い。先にひやかけが到着しました。

ひやかけ(大盛)

うどんと出汁だけのこのシンプル過ぎる見た目がタマラン(笑)薬味はネギと生姜が付いていますが、個人的に生姜は結構風味が強いので、最後に出汁を飲み干す時に入れて風味を楽しむ派です。

 
出汁はもちろん冷やされており、旨味もかなりしっかりと感じますが、昨年食べた時よりはアッサリ目になっている様にも思えました。うどんはこちらのお店の特徴で弾力と伸びのあるモチモチ麺で、ひやかけに関しては大盛までしかできません特盛にすると出汁が薄まってしまうからで大将のこだわりのひとつとのこと。

 
おやこめしです。鶏天と温玉、ねぎ、海苔が載ったご飯もので、これに出汁醤油をかけて頂きます。個人的にここのご飯ものの中ではこれが一番好み。鶏天、玉子、出汁醤油が絡んで旨い。

 
おやこめしに付いて来たきゅうりの辛子漬けです。これもここ何年か定番となっている漬物で辛子の風味が効いてご飯ものと良く合います。

 
今年も大河の「ひやかけ」を食べることが出来ましたが、これから暑くなってくるので本格的に提供も始められるのかと。ひやかけというと毎年恒例の「ウミカホル、スダチカホル」ですが、今年も提供の予定をされている様です。

こちらに過去9年間のウミカホル、スダチカホルをまとめてますが、今年は10年目これだけは逃せない(笑)

改めて10周年、おめでとうございます!!

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:4.0

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区深草西浦町7-45-1
電話075-641-4877
営業時間[月]10:50~14:30(L.O.)
[水~日]10:50~14:30(L.O.) 17:50~20:30(L.O.)
定休日火曜日
Webサイト 


うどん大河,ひやかけ,おやこめし,10周年

Posted by masa